2011年2月16日 (水)

ミナトベーカリー

3連休は実家におりましてん。
で、用事なんかも手伝っていた訳ですが
その途中、ふとパン屋を見つけました。

島崎町の交差点から、寺町通りを小松原方面に行ってすぐ。

Dcf00026

ミナトベーカリーと言います。

どこか懐かしさを感じさせるカモメの看板にも惹かれ

Dcf00025

ついつい入店。

ご夫婦で切り盛りされているような感じです。
暖かみを感じさせる木のシェルフに載っているパンを取ります。

行った時間が夕方近くということもあり
パンも残り少なくなっていました。
なので紹介するのは、いつもより控えめです。

まずはこれ。

Dcf00022

Dcf00021

Dcf00020

くるみの入った生地を使ったハード系のねじりパン。
オリーブがとてもいいアクセントになっていて
美味しいですdelicious
ワインにも合いそうです。

次は、気まぐれのベーグル。

Dcf00019

Dcf00018

サフランと何かのベーグルです。
(忘れましたcoldsweats01)
サフランがよく効いています。
ついパエリアを思い出しました(笑)
食感、人によってはもっとモチモチした方が好きかもしれません。
かといってパサパサしてる訳でもないです。

最後はこれ。

Dcf00007

Dcf00006

メランジェです。
何より形がいいですよね。
麦、あるいは木の葉をイメージしてるんでしょうか。
もちろん味も良いです。

家に帰って調べてみたところ、このお店は
紀美野町の名店、ドーシェルで働いていた方が
独立されたのだとか。
ドーシェルとの類似点はそれほど感じませんでしたが
同じように通ってしまいそうな予感。
次はもっと早い時間帯に行って、他のもチャレンジしてみようっとdelicious

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

Pain de Panier

続いて2軒目は、打田駅近くのPain de Panier

Dcf00071

ここはルノーのお仲間さんのご実家の近くにあります。
そしてご主人は、テクノパンのご主人の修行仲間でもあります。
店に入ると、店のおばちゃんとお客さん、
そして小学生と思しき子供の会話が弾んでいます。

おばちゃん「うちの子、こんなプリントもうてきたわら」
お客さん「えー、そんなプリントうち見てないよ〜」
            「お前、プリントどこにやったんな」
子供「分からんわ」
お客さん「先生に言うて、もう一枚もらってこい」

和歌山弁はやはり聞くと和みますね。
和歌山で暮らした時間とそれ以外の時間がほぼ等しくなり
和歌山弁もロクに喋れなくなりつつある僕ですが
この言葉が一番好きですね。

方言の話はこれくらいにして、買ったパンはこんな感じです。

Dcf00069

カレーパン。
甘めの味付けですが、その甘みはおそらくタマネギ由来のもの。
とても旨味のある甘さです。
普段はカレーパンも辛い方が好きですが
こういうのもありなんやなあ。
家カレーっぽさもあるせいか、ほっこりする美味さです。

Dcf00060

チョコチップのパン
中のチョコのあんが入ってます。

Dcf00059

輸入物の高級チョコをふんだんに使い、とかそんな感じでもありませんが
これが妙に生地に合います。

ここのパンって、奇を衒わずぱっと見(味)普通のパンが多いんですが(失礼)
その普通がかなりレベル高いって気がします
写真だけでは伝わらないので、是非食べてみてください。
美味しゅうございますよ。
店の雰囲気もめっちゃいいし、また行こ。

そうそう、店横の駐車スペース脇には、ベンチもあります。

ここに座って、さっきのPan Corisのパンと、
カレーパンを頂いたのでした。

Dcf00070

しあわせやなあ。。。delicious

これにて今回のパン屋巡りはおしまいです。
2軒ともいい店で、ほんまに開拓のしがいがありましたわ。
しばらくパン活動をサボってたんですが、
やはり自分はパン好きやなと再認識させられました。

和歌山、意外とパン屋が多いんで、まだまだ行けてない店がいっぱいです。
この辺は今後の宿題ですねえ。
ああ、はよ帰省したいわcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

Pan Coris

去年の年末、12月29日は、
和歌山のパン屋巡りです。
山奥の店は早々に年内の営業を終了しているので
街中がターゲットです。

まずは1軒目。
高松のPan Corisです。
このお店は、最近よく見ているブログで知りました。
和歌山のパン屋、カフェ情報が詳しく載っていて
参考になります。
僕も知らない店が色々。

ブログの話はこの辺にして、実際の店の場所ですが、
高松の交差点を西に入ったところです。
県立図書館の手前です。

Dcf00074

Dcf00076

Dcf00075

看板等はありませんが、緑の屋根でとても目立ちます。
こじんまりした店内は、食べたいパンがいっぱい。
全体的にハード系がジュ実している印象ですね。
買い占めたい、食べ尽くしたい衝動に駆られますが
それは無理な話。
買ったパンだけでも紹介いたします。

Dcf00057

はちみつカンパーニュ
しっかりはちみつの味がします。
(言葉で書くと平板ですが、味わうとちょっと感動)

Dcf00055

くるみのパン
この手のものでは、美味しい部類だと思います。

Dcf00051

栗のパン
見た目も可愛らしい栗のパン。
生地はしっかり目です。

可愛いといえば、こんなのもあります。
これは生地は柔らかめ。

Dcf00053

ちなみに中はクリームでした。
カスタードもそんなに甘くなくて、いい感じ。

そして、最後。

Dcf00068

Dcf00067

トマトとチーズのパン
これ、メチャメチャ美味いです。
堅めの生地。もしかしてトマトが仕込んであるのかな。
それと中のチーズの相性は最高です。
ああ、幸せだdelicious

実家の近所は、ハード系を売ってる店が少ないので
帰省のときはお世話になる予感がします。

そしてこの店の近くで見かけた気になる建物。

Dcf00078

まさに解体される途中。
ここって確かエロ映画館だったっけ。
こんなモダンな建物だったっけ。
妙に意匠を凝らした作りで
遊郭建築を思い出しました。

道草はその辺にして、2軒目を目指すことにしますか。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

テクノパン訪問 その3 車

テクノパンはオーナーさんがR5、Kangoo乗りということもあって
ルノー、フランス車、イタリア車に乗ってはるお客さんも多いです。
僕がお邪魔した日もそうでした。

まずはこちら。

Dcf00007

Dcf00009

愛知県日進市の雑貨屋・Maybellさんの白Kangoo。
Maybellさんとはよくイベント等で
ご一緒させてもらっているのですが
この日は偶然京都のテクノパンでお会いすることに!!

続きましてこちら。

Dcf00010

Espace乗りのギャルソン氏の代車、Twingo GT。
Twingoは古いのも好きですが、この新しいのも
見れば見るほど魅力的なんですよね♪
サイズもちょうどいいですしlovely

店内からのこの3台を交えたショット。

Dcf00013

これが我ながら妙に気に入ってるんですよねえ

そしてやはりこれ。

Dcf00008

ミツナリさんのYellow Magic Kangoothunder
(稲妻はライディーンのイメージ^^;)

そして、もう1台。
Kangoo、Vespa乗りの方も
Vespaで来てくれたのですが
写真がなくてスミマセンm(_ _)m

そんな感じで、パン以外にも
こんな楽しみもあるテクノパン、
ご近所の方もそうでない方も
ぜひぜひ一度行ってみてくださいなhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

テクノパン訪問 その2 パン紹介

さて、今回はパンの紹介です。

惣菜パンとハード系メインなのは
僕の趣味なので、ご容赦をcoldsweats01

Dcf00004

ベーコンエピ

Dcf00002

ナンカレー

Dcf00003

アリコベール

Dcf00001

メロンパン

まあこの辺は他のパン屋さんにもあるといえばありそうですが
珍しいのはこちら。

Dcf00005

ささみしそカツパン

Dcf00019

Dcf00018

白身魚フライパン(イートインでいただきました)
これもなかなか珍しいですよね。
あったとしても中濃ソースとか掛かってるとこでしょうが
ピザソース風のトマトソース。

これが合うんですよね。

他にも面白いところでは、
味噌カツパンなんかもあります。
ただ見た目に新しいだけ、奇を衒っているだけというのではなく
どれも組み合わせることによって、
新たな美味しさが生まれている気がします。
(1+1=3?!書いてて自分でもよう分からなくなってきましたがcoldsweats01)

そしてお土産に買って帰ったのが、

100922_070217

バタール

100922_070148

食パンと竹炭食パン。
昔からイベントとかでもよく頂いたりしたんですが
ここは特に食パンが美味しいんですよ。
一言で表現するなら、口当たりの滑らかさがたまりませんねdelicious
左の竹炭食パンは日本全国広しといえども、
ここしか手に入らないんじゃないでしょうか。
いや、世界でも?!(笑)
実はまだ食べてないので(他のを買いすぎて冷凍中)
明日にでも頂こうかと思っております。

以上、パン紹介でした〜bread

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

テクノパン訪問 その1 店内

9/19(日)は堺・大泉緑地でフリマした後、福島で飲み。
かなり酔った状態で阪神ホテルにチェックイン。

明けて9/20(月)の話。
2日酔い気味ながらも腹は減ったところ
ホテルに泊まる機会なんてそうないという口実により
朝食バイキングを奮発することに。

バイキングについては省略(^^;)
貧乏根性丸出しで、腹一杯食べましたdelicious

その帰りのエレベータでは、
鳥谷仕様のピンクのユニフォームや
法被を着た家族連れと遭遇するあたり
ここが阪神ホテルであることを実感します。

さて、このまま関東にまっすぐ帰るのもアレやなあ
ということで、京都で寄り道。
今回は南の方です。
京滋バイパスの久御山ICで降りてちょっと行ったところが今回のお目当て。

Dcf00020

テクノパンで御座居ます。
もともとはR5つながりの友達、mitsunariさんが開業しはったお店。
パンの美味しさ、mitsunariさんの人望もあって
近所の方々、フランス車の仲間達で連日大賑わいです。
行こ行こと思いながら全然行けず、
行かれた方の日記、ブログを読んで悔しい思いをしていましたが
今日はちゃいまっせ。

店内はこんな感じです。

Dcf00017

右奥におわしますのは店のシンボル、ユニオンジャック。

Dcf00016

Dcf00011

白を基調にとてもモダンでクリーンな店内。

パンももちろんですが、みなさん絶賛のドリンクコーナーがこちら。

Dcf00012

お隣のコンビニとかぶらないように気遣い。
そしてとても魅力的なラインナップ。

これだけでも人気の理由が分かる気がします。

さて、見るだけではお腹が空くだけなので
実際にお昼をいただくことにしましょう。

続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

テクノパン襲撃

これはFTP前日のお話。
西に行くなら、あの店を襲撃しようと
思い立ち、京都に向かいます。

東ICで降りて、京都の街を走ります。
京都は浪人、学生時代7年間を過ごした
大好きな街。

まさに

♪想い出がいっぱい(H20)

いやあ、ホントに思い出がありすぎます、京都には。
語ると長くなるので止めますが(笑)

上賀茂神社、京産大より少し北の
静市市原に、その店はあります。

F1000161

F1000160

テクノパンです。
黄色いカングーが目印です。

店長のMさんは、もともと5Baccaraに乗ってはって
mixiのサンクコミュ、サンクミーティングを通じて
仲良くなりました。

イギリスでのパン修行を経て、この度自分のお店を
開くことになったのです。

朝の早よから、おじゃましにゃん〜わ(竜爺風)

元気に迎えてくださったMさん。
早速パンを買って、いただきます。

F1000159

カレーパンとトマトパン
フレフレでもいただいた味。
この2つとも大好きなんですよね
トマトパン、トマトジュースで生地を仕込んでいるという
ちょっと変わったパン。

F1000158

ローズマリーのフォカッチャ
これは新製品だそうです。
バジルのフォカッチャもあります。

F1000157

スコーン
今日食べた中では、特に目から鱗な1品。
口の中での生地の砕け方(変な表現やな)もバッチリ。
それによくあるパサパサ感もないですし、
これ、かなりオススメです。
本人も自信の一品のようです。
さすが本場仕込みですねdelicious

結局お昼過ぎまで居候していまいました
美味しいパンといつもの楽しいマシンガントーク?
を堪能できて、満足満足happy01
仕事の邪魔して、すんませんでしたm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

三浦パン屋

ポシェカンオフの前日のお話。
会社を定時で上がった後、速攻で向かったのがここ。

F1000044

三浦パン屋 充麦(みつむぎ)といいます。
HPはこちら
自分の畑で栽培した小麦を使って
パンを作っているお店です。

先月のフレフレ@ソレイユの丘に行く際に発見してから
ずっと気になっていたパン屋さん。
まったり系のオフ会の時には
パンを持っていくことが多いので
この機会に行ってみて、
パンを手に入れようと思った訳です。

今回買ったのは、こんな感じでございます。
(写真はポシェカンオフのときのものです)

F1000030

このうち自分で食べたのが、
これとライ麦パンぐらいかなあ。

F1000026

F1000025

リュスティックでしょうか。
硬めの生地で噛むほどに味が広がります。
中に入ってるのは、カラントぽいのとサツマイモ。
この組み合わせも珍しいですよね。
イモも甘すぎず、生地やカラントとの相性もバッチリ。

あとはライ麦パンぐらいかなあ、食べたのは。
それ以外は、周りの人にあげちゃいました(笑)

と思っていたら、これを忘れていましたよ。

F1000043_2

F1000042_3

ベーコンとチーズ。
柔らかめの生地で「白パン」といった感じで
ふわふわしております。
チーズはプロセスチーズっぽい感じですが
この生地にはこっちの方が合うかもしれません。

何にせよ、どれも美味しゅうございましたdelicious
という訳で、近くにお気に入りパン屋さんが一つ増えたのでした(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

紀伊半島深南部2008春 番外編 パン屋巡り

この続きです。

http://shiizaki.cocolog-nifty.com/shiizakiblog/2008/04/20084_4aeb.html

さて、龍神まで来たのには訳があります。
既にお気づきだとは思いますが
僕のドライブの目的は、たいていパン屋か丸ポスト(笑)
(プラス今回は、高野龍神スカイライン&メロディーロード)

ここ龍神には、「もんぺとくわ」というパン屋さんがあります。
今まで、ここに行ってはいつも休みで
ずっと振られっぱなしだったのです。

今回もダメもとで行ってみよう。
もし開いてなくても、隣に素敵なカフェがあったよなあ
(梅樹庵といいます)
と思い、日高川を下っていきます。

旧龍神村役場の手前あたりに、こんな看板が出ています。

F1010043

ここからもうすぐです。
車を置いてお店まで向かうと、
やった!!
何度目かの正直で、ついにお店に入ることができました♪

ラインナップは、ハード系の素朴な感じのパンがメインです。
今回のお買い上げは、こんな感じです。

F1010030

どれも噛みしめるほどに、麦の旨味が感じられるタイプ。
写真の右奥のスコーンが特に絶品でした。
ケシの実のような木の実が入っていて
ちょっと変わった感じの生地。
しかも生地の甘みが、本当に天然な感じで驚きました。
椎の実を煎って食べるとほんのり甘いのですが
まさにそんな感覚なのです、
あんなスコーン、初めてです。

左奥のでかいのも食べ応えありました。
しばらく朝飯に困らなかったような(笑)

店内はイートインコーナーもあり、
飲み物なんかも注文できる様子。
地元のご婦人達が、いろんな話に花を咲かせていて
めっちゃ楽しげでした。
僕も地元の言葉を聞けて、何だか満足(^^)

で、パン屋さんを出て、隣のカフェでも覗いてみるかと
思ったら、こちらはまだお休みのようです。残念。。。
(確か冬期は、営業していないんです)

ともあれパンをゲット。
まだお昼も食べていなかったので、先ほど買った
サーターアンダギーをぱくつきながら、
川沿いの道をのんびりと走ります。

しばらく川を下って、
日高川町の川原河のあたりからR424で、有田川町に抜けます。
そこから生石高原に寄って帰ります。
確か県道184だったかな。

生石高原も実家から近いので、
帰省の際は立ち寄ることが多いですね。
雪の積もった冬場も、なかなかいいものです。

生石高原の風景です。

F1010037

F1010040

麓の集落を、上から眺めてみます。

F1010042

F1010041

F1010039

山の家付近も、今は閑散としています。

F1010036

F1010038

GWや、ススキのシーズンになれば、
もっと人出が多くなることでしょう。

この生石高原の近くには、パン屋さんもありまして
せっかくですし、寄ってみましょう。
(ってこれが目的か?(笑))

まずは1軒目。
その名も、森のぱん屋さん。

F1010035

このお店も振られっぱなしなんですよね。
行っても閉まっていたり、売り切れと言われたり。

今回も行ったのが遅かったため、
買えたのは、このパンと、

F1010032

(玄米パンだそうです)

パウンドケーキのみ。

パウンドケーキは、真っ当に美味しい感じでしたが
玄米パンは、実家に置き忘れ、残念ながら賞味できずorz
またもや振られてしまいました...
って自業自得なんですけどね(笑)

2軒目は、大好きなドーシェル。

F1010033

ここも人気店だけあって、ほぼ売り切れ状態でした。

そんな中確保したパンなど。

F1010031

いつも美味しいパンをありがとう!と言いたくなる味です。
相変わらず素敵です。
ラスクも職場で配ったところ、大好評でした。

そんな訳で、結局パン屋巡りのドライブとなってしまったのでした(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

ハイランドのパン屋さん

先週の土曜日の朝は、家の近所のパン屋さんに。
久々のパンオフ(一人)です。

ちょっと前、家の近くにパン屋さんがオープンしたと聞いて
会社からの帰りなど、探してみたのですが
なかなか見つかりません。
土曜日の午前中なら時間の余裕もあるし、明るいし(笑)
多分見つかるだろうということで、気楽に出かけます。

場所はハイランドの住宅街のあります。
ちょうどハイランド入り口から
ちょっと行ったとことろの公園のあるあたりから、
わき道に入って、少し坂を登っていったところです。

今日はアッサリ発見できました。
こんなお店です。

F1010032


F1010030

zacroといいます。
ザクロの実を発酵させた酵母で
パンを作っているのが、店の名の由来のようです。
この辺では珍しく、ハード系が充実していて
嬉しい限りです。

チェック帽の店員さんたちが、愛想をふりまきながら
テキパキとパンを運んでいきます。

買ったパンを羅列してみます。
相変わらず映りが悪くてスミマセン^^)

F1010029

ベーコンとマッシュルームのキッシュ

F1010028

ピザ風

F1010026

クロックムッシュ

F1010025

3つ一緒に、土曜のお昼♪

F1010015

フランボワーズのパン

F1010014

ミルフィーユ風

F1010013

ベーコンのチャパタ
ここのお店は、チャパタが充実。
他にもタマネギ、ドライトマトなど数種類ありました。

F1010012

さつまいものパン
素朴な芋の風味と、味のある生地が上手く合っていました。
これが一番好きかも。

F1010011_2


栗のパン

他はバゲットだの、ハード系をいくつか。
久々のパン屋巡りだったためか、
ついつい大量に買いすぎてしまいました(笑)
そのせいか、レジの店員さんをたいそう手間取らせることに。。。

店を出ると、

F1010031

サンクの横に206。
なんかこういう構図、嬉しいです。

と家の近所に好みのパン屋さんが出来て
ご機嫌なのでした。
一つ残念なのが、営業時間。
会社の始業が9時なので、
それまでに開いていてくれれば
朝飯を買っていけるのになあ^^)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧