2006年12月15日 (金)

珈琲浪漫

最近頂いた
Chemexの珈琲メーカー。

20061215003730

中学生の時に、親父が購読していた通販生活に
載っていたのを見て一目ぼれ。
流麗な一体型のデザインがたまりません。
以来ずっと欲しかったのです。

昨夜、ついに使う時がきました。
そのときの模様を、いつにもまして自己満足気味に綴ります(笑)

まずは先の細い薬缶でお湯を沸かします。

その間、一旦珈琲メーカーを洗浄。
一体型で真中がくびれているので、
普通のスポンジだと底まで届きません。
なので洗剤を数滴たらして、ユサユサ洗浄。
なんだか実験器具みたいだなぁ。
ワイヤにスポンジが付いたのとかあれば便利かも。

この珈琲メーカーは、紙フィルタが専用なんですね。

20061215003844

結構大きいです。UFOみたい。
普通のフィルタなら、パカっと開けばOKですが、
これは折ったり、丸めたりして円錐状にする必要があります。
幼稚園以来の折り紙気分。
こういう「儀式」も楽しいものです。

さてお湯が沸いてきたので、
珈琲メーカーにお湯をさっと注いで温めます。

それにフィルタをセット。
珈琲の粉を入れます。
量もキッチリ、すりきり3杯。
今回はillyのエスプレッソ用しかなかったので、それを使用。
他の挽き方、炒り方のものも試してみたいところ。

そしていよいよドリップ。
まずは薬缶のお湯で、表面を湿らせます。。
しばらく蒸らしてから、円を描くようにお湯を丁寧に注ぎます。
それを何度か繰り返します。
目盛りがないので、目分量で3人分になったところで終了。

早速お気に入りのSHOZOマグカップで飲みます。

う、う、美味い♪♪

久々に丁寧に淹れたせいもあってか、
とびきりのものができました。
ご満悦です。
ついつい3杯飲んでしまいました。

それにしてもこの珈琲メーカー、
化学者が考案しただけあって
実験器具っぽさがナイスです。

メーカー:フラスコ
フィルタ:濾紙

に見えてきます。

実験が煮詰まったときに妄想してて
思いついたに違いありません。

20061215010624

珈琲飲みながら、ツィゴイネルワイゼン鑑賞(まだ見てる(笑))
仕事帰りの充実したひと時でしたよ。

頂いた方に感謝感謝なのでした☆

| | コメント (11) | トラックバック (0)