2011年10月29日 (土)

第13回サンクミーティング その2 本番

もうすっかり放置してしまっていました、このブログ。
サンクミーティングの続きでしたね。

会場には続々と参加者のみなさんが集まり、
早速こういう風景になります。

Dcf00028_2

テーブルで食べ物を囲んで話をしたり、
立ち話をしたり。
あとは試乗大会。
でも車の話題はあんまりしないという(笑)

さて、今回はこういう車が集まりました〜。

Dcf00007

Dcf00008

Dcf00009

Express
外から撮った写真がないやcoldsweats01
なんと宮城から参加していただきました!
エクスはとにかく好きで、機会あれば乗りたいと思っている車の筆頭ですね。
これに荷物を満載してキャンプだのフリマに繰り出したい、
常々そう思っておりますhappy01

Dcf00022

Dcf00021

Megane、Kangoo、Lutecia
いつもイベントに来て頂いてる方の車ですね。
この辺の車がいないと始まらない感じです(笑)

Dcf00020

106ラリー&Twingo
これも好きな2台です。
ラリーはもともとR5 Fiveにお乗りだった方の車です。
(テンロクの方でしたっけ。)
試乗させてもらったんですが、まあ速くて気持ちよくて楽しい車で。
今まで乗ってきたのが、割とのんびりしたタイプが多いので
こういうのも一回乗っときたい。
となると、GTTか。。。
ちなみにTwingoはもう1度乗りたい車第2位だったりします(笑)


Dcf00014

DS
ルノー、しかもR5のイベントなのに
DSが2台!
やっぱり存在感が違いますよね。

Dcf00011_2

Dcf00012

BX
ボビンのMT。
Twingoが2位なら、(栄えある?!)第1位がこれですね。
どんなに漏れようと好きな車。
いつか、またいつか。。。

Dcf00027

Talbot Samba
実は今回試乗させてもらった中で、一番気に入ったのがこれ!
シートもいいし、運転の感覚もどことなく縦R5に近くて
すぐに馴染めました。
うまく説明できないんですが、この時代の仏車が
一番好きってことなんでしょうかね。

そして今回来てた2台伊車のうち、1台はこれ。

Dcf00017

R16にお乗りのアノ方の車です。
もともとは縦R5にもお乗りだったんですよね。
ちなみにもう1台はNew Panda。

そんな参加車両の中で、一番珍しいのは、これでしょうね。

Dcf00025_2

Dcf00024

Dcf00023

Lomax。
2CVベースの3輪車で、イギリスのメーカー製。
何とも不思議な乗り物です。
前2、後1。一体どんな感じなんでしょうね。
あー、これも運転させてもらえば良かったなcoldsweats01

で、サンクはというと、僕のフランセーズと、
PさんのAlpine turboのみ。
さらにAlpine Turboの写真を撮ってないという体たらく。。。coldsweats01
ガンバレ、主催者!

まあそれはおいといて、
今回面白かったのが、2台、3台ずつ参加の車種が多かったこと。
写真に写ってないのも入れると、
3台:Clio、Kangoo
2台:R5、R4、DS、BX、Panda。
無理やりLomaxも入れれば、2CVもそうですね。

このように、車種だけ見るとサンクミーティングとは呼べないのかもしれませんが
みなさんサンクを愛する方、サンクに乗っていた方ばかり。
サンクに乗っていなくてもこうやって来てもらえるのが、有り難く感じますね。

さてこのイベント、何をするでもなく話続けて、日が暮れて、

Dcf00013

そして寒さをしのぐのが辛くなってきた頃にようやくお開き。

今回も楽しいミーティングとなりまして
参加者の皆様には感謝するばかりです。

さて、次回は来月に滋賀でやりますよ〜sign01
また追って告知しますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

第13回サンクミーティング その1 行き

はじめに、大変遅くなり恐縮ですが、
この度の東日本大震災で被害に遭われた方々に、
心よりお見舞い申し上げます。
このブログをご覧になって下さっていた方々の中にも
被災された方がいらっしゃるかもしれません。
もし僕でお役に立てそうなことがありましたら
遠慮なくお申し付けくださいませ。

もうずいぶん前のことのように思いますが
約1ヶ月前、愛知県は岡崎でサンクミーティングがありました。
昼過ぎからスタートということで、朝余裕をかまして出発
が、いきなり氷を取る羽目に。。。

Dcf00037

ちょっとだけ焦りますcoldsweats01
それにしても今年はほんま寒いですねぇsnow

遅い出発でしたが、幸い渋滞も大したことなく
スイスイ進みます。

Dcf00036

一気に浜名湖まで来てトイレ休憩。

Dcf00031

Dcf00030

腹も減ったし、ここで昼飯食べるか。

和風担々うどんセットとやらをチョイス。

Dcf00034

Dcf00033

Dcf00032

ラー油が付いてきます。

Dcf00035

なんか出前一丁みたいですね(笑)
担々を名乗る割に、ラー油を掛けてもそれほど辛くありませんが、
和風のだしと、挽き肉のあんの相性が良くて
割と好きです。
なお麺はちょっと細くて、冷や麦寄りな感じです。

この先もスイスイっと行きたいとこでしたが
音羽蒲郡〜岡崎間はいつものように渋滞。
こりゃ降りるしかないな、ということで
音羽蒲郡で降りて、国道1号。
あとはナビと勘に任せて、12:30過ぎに無事到着。
このとき、既に会場にはワインレッドのDSと
白いKangooが来られていました。
さあ、サンクミーティングの始まりですsign03

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

紀州奇襲2011 その3 車屋、温泉、ラーメン

和歌山駅まで戻って来た一行は
再び車に乗って出発です。

次の目的地、それは和歌山インターから10分程のところにある
ここ。

Dcf00024_2

Dcf00023

Dcf00014

Dcf00013

F.A.L riparatoreさんです。
特に日本中のPanda乗りの方の間では、有名な車屋さんです。
ここのご主人KさんとはFBMで何度かお会いしたことがあり、
とてもよくしていただきました。

地元和歌山にありながら一度も行ったことがなかったので
この機会に、という訳なんです。

Pandaの部品取り等があるのはもちろん、

Dcf00021

それ以外の車も色々あるんです。

Dcf00020

何これ、ホンダの軽?

Dcf00018

旧いベンツ。

ルノーだと

Dcf00017

Laguna1とR4。

そして

Dcf00015

この2CV、よく分からないんですが
かなり昔のモデルで、レアなんだとか。
排気量が違うんでしたっけ。
2CVはご主人に愛着があるのか、たまたまなのか
他にも何台かいました。

ここでも長らく車の話やら、そうじゃない話やら
色々長々トークをする訳ですね(^^;)
ずいぶん長居した後は、すっかり日が落ちてしまったので
最初のコンビニの駐車場に戻り、そこで解散。

帰る組と、温泉・ラーメン組に別れます。

温泉はいつもの花山温泉。

Dcf00012

効能等はこっちを見てね(手抜き)。
めっちゃ濃い温泉です。
とにかく入ってください。入ればその凄さが分かります。

そして入浴後はラーメン。
どこにしようかということで、時間もアレですし
最寄りの店に入る事にします。
和歌山インターからも近いです。

初めて入る店でしたが、普通のラーメンではなく
激辛ラーメンというのをチョイス。

このようにかなりオイリーな感じ。

Dcf00011

が、口の中に運ぶと、見た目ほどギトギト
という訳ではありません。
ラーメン自体は思ったよりもずっと食べやすい感じで御座いました。
辛さも思ったほどではなかったですしね。
ただチャーシューが異様にゴツくてボリュームあります。
他店のチャーシューメン以上の迫力を感じました(笑)

そんなラーメン屋で閉店まで居て、そこで解散と相成りました。

こんな感じで、紀州奇襲も無事終了です。
まあ毎年毎年こんな風にやっております。
和歌山を愛する方々に毎年正月に遠路来てもらって
楽しんでもらう。
出身者としては嬉しい限りの企画ですわ
和歌山の魅力はもちろん、その合間合間のメンバーのふれあい、
トークが一番の魅力な気がしますね。

また次回も楽しみにしております
(次回はもしや幹事?!)
最後になりましたが、参加者の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

紀州奇襲2011 その2 ぶらくり丁

食後は和歌山の繁華街、ぶらくり丁に向かいます。
駅からの移動は南海バス。
これは本当に懐かしい!
乗るのって高校のとき以来ではないでしょうかね。

相変わらず車内でもトークを展開しているうちに
あっという間にぶらくり丁に着きました。
ここぶらくり丁は、昔、ものをぶらくって(ぶらさげて)
売っていたので、その名が付いたと言われております。
和歌山市内で買い物をするならここ!という感じだったのですが
最近は川向こうの大型ショッピングセンター等に客を奪われ、
すっかり寂しい限り。
(地元大学による再生プロジェクトなんかもあるみたいですが)

と書いたところで、一ヶ所とても賑わっているところがありました。

Dcf00035

元々は丸正百貨店があったところ。
現在は複合商業施設となっていますが、入浴施設なんかも入っています。
ここで餅つきをやっております。
司会は地元では有名な落語家、桂枝曾丸さん。

縁起餅をもらう人々の行列が出来ていますが
我々はそれを横目に、中ぶらくり丁を進みます。
この日は火曜日、実はぶらくり丁のほとんどの店が
定休日でした。
普段からシャッター通りの上、しかも営業しているお店も
定休日というまさに泣き面に蜂状態です。

Dcf00034

この帽子屋は、何年か前の紀州奇襲で訪れたお店。
結構品揃えがマニアックだった記憶があるのですが。

ここは営業中ですが、すっかり病院、医療関係に。。。

Dcf00031

僕が学生の頃は、CD屋、若者向けの服屋なんかが入っていたんですよ!
ここのCD屋で、初めてCardigansのSick And Tiredを聴いたときのこと
今でも覚えています。
こんなところにも高齢化社会を垣間みるのでした(大げさ)

病院といえば、こんなのもあります(謎)

Dcf00033

そして、和歌山を代表する書店も、いまや。。。

Dcf00028

和歌山駅の店がメインになっているようですが
寂しい限りです。

中でも一番驚いたのは、ぶらくり丁の一等地、
forteのはす向かいにあったマクド。
あれが閉店していたことです。
昔はマクドなんて、今みたいにそこらへんにあるというものでもなかったのです。
今のカフェみたいな感覚で若者が集まって、たいそう賑わっていたというのに。

そんな閑古鳥が鳴く状況の中、
いつもの中古CD屋に行こうとしたものの
ここもご多分に漏れずお休み。
隣の楽器屋は開いていたので、ここにしばらくお邪魔します。
紀州奇襲メンバーは音楽好き、楽器好きが多いので
存分に楽しみます。
何を隠そう、僕も先日エレキギターを手に入れたものの
アンプがないという状態でして。
店内のOrangeのアンプなんかいいなあと物欲をかき立てられつつも
我慢したりしているうちに、日も傾いてきました。

ちょっと小腹も空きましたね。
という訳で、玉林園に行きます。
マクドは閉店してしまいましたが、
和歌山伝統のファストフードは健在です。

Dcf00030

ここのグリーンソフトを愛してやまないのです。
類似品は多くあれど、ここのは別格!
ぜひお試しあれ。
一見お茶屋さんですが、他にもてんかけラーメンとか焼きそばとか
軽食メニューも充実しております。

さて、ぶらくり丁も一通り回ったことですし
車の所に戻りましょうか。
再びバスに乗って、和歌山駅まで向かいます。

おお、和歌山駅の駅ビルまで変わっているでは!

Dcf00027

天王寺とかにあるMIOじゃないですか。
昔はここvivoだったんですが、いつの間に??

いやいや、ずっと同じように見えると思っていた
わが街和歌山も少しずつ変化しているのですね。

こんなモニュメントまで出来てますし。

Dcf00026

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

紀州奇襲2011 その1 お昼

もう3週間ほど経ちますが、
紀州奇襲の話です。

紀州奇襲とは毎年この時期に行われている
関西の仏車乗りのイベント。
文字通り、和歌山各地を訪れ、ブラブラして楽しもうというものです。
特に何をするという決めごともなく、そのときの流れに身を任せて
遊ぶのです。

今年は1/4(火)。
いつものように、和歌山IC近くのコンビニに集まります。
集合時刻にみんな集まったはいいものの、ここから出発するまでが長い(笑)
まあ、あれやない、これやない、あることないこと
色んな話が出て来ますわ。

1時間ほどして、ようやく移動開始♪
が、もうお昼ですやんcoldsweats01

和歌山駅の近くのモータープール(死語)に車を停め

Dcf00025

地元のTさんの案内で入ったのはこの店。

Dcf00036

一見酒屋。
ただざけてん、じゃないや、たださけてんですねcoldsweats01
酒屋さんがやってる大衆酒場となっております。
年明け早々ということもあり、真っ昼間から酒をかっくらう方々も
チラホラ。

が、我々は車を運転する身なので、今回は遠慮して
奥の座敷でお昼です。

Dcf00038

Dcf00041

とにかくこの店、酒の肴だけではなく、
お昼の定食メニューも充実してまして
結構な種類があります。

迷った挙げ句、コロッケ定食を選択。

Dcf00040

Dcf00039

値段の割に量もあって旨い、ああ、大衆食堂の鑑ですdelicious
そしてここでも、さきほどのコンビニトークの続きが
展開されるのでありました。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

第5回フレンチフレンチ幕張 その3 フランス車以外編

前回まではフランス車編。
が、それ以外の車もチラホラいましたので
ちょっと紹介。

車種はよく分かりませんが、Fordの一団。

Dcf00016

続いてFIAT。

Dcf00029

Dcf00030

A112。たぶんジュニアですよね。
素敵すぎますlovely
イタリア車なら、これかTIPO、
あとはアルファのAlfetta GTV、Sudあたりに乗りたいという
夢もあったりしますcoldsweats01

右のPandaは、Vanでしたっけ。

Dcf00017

文字通り商用車で、後ろが観音開き。
初めて見ました。

だいたいそんな感じでしょうかね。
今回のフレフレは天候も良かったせいか
台数もかなり多く、いつも以上に賑やかなイベントだった気がします。
という訳で、フレフレ幕張編も完結。
お相手してくださった方々、ありがとうございましたm(_ _)m

P.S クリミ、サンクミーティングの更新がまだですね。。。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

第5回フレンチフレンチ幕張 その2 フランス車編

すっかり更新が滞っておりますが
フレフレ幕張の話でしたね。
少しずつ書いて行きます。

まずはR5以外のRenaultから。
今回は多かったですわ〜。
Renault乗り、Renault好きとしては
嬉しい限り。

と書いてながら、写真を撮ったのはこんだけ
まあそれだけ見る方、喋る方に熱心だったんでしょうcoldsweats01

と言う話はおいといて、とにかく行ってみましょ〜。

Dcf00019

やんちゃそうなNew Twingo。
ちょこちょこみる機会の増えてきた新しいTwingoですが
ここまでやってるのは初めてかもしれません。

あとはClio系。

Dcf00015

今回多かった気がしますねえ。
特にRS。

多かったといえば、R4も。

Dcf00011

フルゴネットも3台。
R4って、あまりフレフレでは見ない印象があるんですが
今回はこれ以外にもいました、いました。

そしておなじみ月面車。

Dcf00014

FBMに引き続き美味しい珈琲を頂きましたcafe

続いてRenault以外のフランス車。
とはいえ写真撮ってたのは、またしてもこれぐらいcoldsweats01

Dcf00012_2

Xsara。
結構好きなんですよね。
でもあんまり見ないんです、イベントでも路上でも。
これの5ドアにMTがあればなあ、なんて思ったこともありました。
一度運転してみたい車ではあります。

次はフランス車以外に行きます。

続きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

第5回フレンチフレンチ幕張 その1 R5編

もう2週間以上前ですが、フレフレ幕張に参加してきました。

Dcf00028_2

1年ぶりですね。
会場付近ではマリーンズの優勝パレードとが行われるとのことで
混雑が予想されましたが、会場入りする頃は全然その影響もなくて
助かりました。

今回のフレフレ幕張は、特にR5が多かったですね。
会場の誘導の関係で、まとめてとめることは出来ませんでしたが
計6台!
ボチボチ紹介していきましょう。

Dcf00027

黒のBaccara。
A110と一緒に停まっていました。
残念ながらオーナーさんとお会いできず。

Dcf00018

Dcf00020

白のGTT。
お知り合いの車です。
For Saleだそうです。
興味のある方、メッセください、な〜んて(笑)

Dcf00025

Dcf00026

赤のAT。
みんからでブログを書かれている方の車です。
初めて拝見しましたがとても綺麗です
最近まで走行距離が少ないまま眠っていた個体だそうです。
3ドアのAT、最近イベント等でちょこちょこ見ますね。

Dcf00024

Dcf00021

緑のFive。
オーナーさんとは初めてお会いしました。
FBMでお会いしようとしてできなかったのですが
ここで会えて良かったです。
Fiveは昔乗っていただけあって、やはり思い入れありますね。
自分が乗っていたのとは、ステッカーやシートの柄なんかが
微妙に異なります。

Dcf00023

Dcf00022

Fiveも時期によってちょっとずつ違うんですよね。
と、なんやかんやでFiveの写真を一番多く撮っていました(笑)

あとは撮り忘れましたが、
タングステンのGTXの方も来られていました。
あっ、自分の車の写真も撮ってないやcoldsweats01

そして番外編です。

Dcf00013

R5顔のエクス。
これもお知り合いの車です。
エクスも最近惹かれるんですよね。。。
フリマとかキャンプによく行くので
荷物満載したら楽しいやろなあ、とか妄想しておりますcoldsweats01

次回は、R5以外の車を紹介していきます。

続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

秋磐梯2010 その3 ラマ

蕎麦を食べた一行は、とある喫茶店に向かいます。

Dcf00006

Dcf00007

その名はラマ。
このお店も、秋磐梯、春磐梯のときはよくお世話になっていますが
ただの喫茶店ではありません。
カレーやチャイ、ラッシーもあります。

Dcf00008

なんと本日は我々の貸し切りとなっております。

で、普段はチャイ等を飲む事が多いのですが、
今回頼んだのがこれ。

Dcf00005

Dcf00003

いっぺんこれが食べたかったのよね!
さらっとしたカレー。
かなり独特ですが、結構好きな味でした。
(後述の出来事のため
あまり味の詳細を覚えていないという。。。)

で、後述の出来事とは。。。
昼に蕎麦を食べ過ぎたせいか
僕の胃袋は限界に達していたようです。
かなり苦労した挙げ句、食べ終わると、もの凄く気分が悪くなり
いやな汗が出始めました。
その後は皆様のご想像にお任せします。

自分ではいくらでも食べれるつもりでいましたが
ほんまバカですねshock
30過ぎたのに、いい加減学習しなければ。。。

お見苦しいところをお見せして申し訳ありませんでしたm(_ _)m

その後店を出る頃にはだいぶ回復しまして
何とか車を運転して帰る目処がつきました。
良かった、良かったcoldsweats01

帰りは広域農道からR121に抜け、塩原の道の駅で休憩していると
別部隊と合流。
そこからは矢板に抜け、矢板ICから高速に乗ります。

矢板付近の渋滞は大したことがなかったものの
佐野藤岡から先が混んでいるとのことだったので
佐野SAにて仮眠。
が、寝すぎてしまい(縦R5のリアシートが気持ちよかったせい?!)
気づけば1:00。
そこからクリアラップを駆け抜け、家に着いたのが3:00前。
明日仕事あるのに。。。coldsweats01

そんな訳で、秋磐梯2010編も終了です。
早くも次回が楽しみになっております

いつも素晴らしいルートを考えてくださる幹事のおおたけさんには
本当に頭が下がります。
また参加者の皆様、どうもありがとうございました。

P.S 今度はちゃんとした状態でラマに行かねば(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

秋磐梯2010 その2 蕎麦

第2のSSもひたすら走ります。
BGMは何故か拓郎のライヴ盤。
これが不思議とこの日の走行ペースにマッチ。
「君去りし後」はいい曲やなあ。

SSのゴール地点は、蕎麦で有名な山都の宮古地区。

Dcf00023

向こうの山はすっかり雪化粧してますね。

Dcf00021

で、我々は山を見に来た訳ではなく
蕎麦を食べに来たのです。

Dcf00018

ここで昼食を取るのが、ここのところ秋磐梯の恒例と
なっております。

まずは前菜の山菜料理から。

Dcf00014

きのこ汁。

Dcf00016

山菜のてんぷら。

Dcf00015

山菜のたいたん。
特にこれが一番好き。
毎回の楽しみでもあります。

それにしても東北は山菜、きのこ類が充実していますよね。
いつ来ても思います。
故郷・紀州も山国なれど、それほど山菜を食べないような。
というか種類があまり多くない気がします。
ゴンパチ(イタドリ)、タラ、ウドとかそんなもんか。
なれずしのアセや、柏餅のサルトリイバラにしたって
包むだけですもんねえ。

とちょっと脱線してしまいましたが
この山菜料理、美味しいからといって食べ過ぎると。。。
まずは控えめに行きましょう、前菜ですからね。

このあと水蕎麦がでてきて、

Dcf00013_2

そして蕎麦が出て来ます。

Dcf00012_2

ここからは、店vs我々の無制限一本勝負の始まりです。
どちらかが参ったというまで闘いは続きます(^^;)
今回は2Fで3人(1Fは10人ぐらい)だったのですが
かなりのペースで供給されるざるそば。
途中からわんこそば状態ですね、食べたことありませんがcoldsweats01
蕎麦自体はとても美味しいのですが、
回を追う毎に、蕎麦の玉が大きくなってきます。
美奈登庵の富士山盛りを食べたときを思い出しました。

が、ここで負けては自称大食いの名がすたる
という訳で、
10玉以上食べたでしょうか、
お店の人から白旗が上がりました
ふう、終わった。。。
嬉しさよりも安堵感がこみ上げてくる状況でした。
それにしても蕎麦でこんなに腹が膨れるというのもまあありませんよね。

とりあえず外に出ましょうか。
すると、ボンネットを開けている車両が。

Dcf00010

テンサンラリーですね。
聞けば、途中でシフトリンケージが外れたそうです。
その状態、つまり3速と4速だけであのSSを走っていたとか。
す、凄い。。。
そしてその場で直してしまいました。
何か本物のラリーみたいですね。

さて、この後は、この日最後の目的地に向かうのでした。

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧