« 紀伊半島(深)南部2009夏 その2 鉄道の旅 | トップページ | エイドリアンを迎えに »

2009年10月19日 (月)

ポイント化

さて今回は、どうして縦サンクが新宮で止まってしまったか
という話です。

もともとの原因はメインのプラグコードが断線してしまった
ってことだったんです。
あるんですねえ、こんなこと。
そら火花も飛びませんわな。

ついでに摩耗していたデスビも交換なんかして、
試運転してもらっていたところ、
なんとイグニッションコイルが逝ってしまったとのこと。
(正確に言えば、イグナイタ、イグニッションコイル、
ピックアップコイルがダメになったらしい)

普通なら部品を取り寄せて交換したらええやん
って話ですが、それが新品では無いんです、もう(涙)

そこで名古屋、横浜の主治医に相談してみたところ
次の2つの対応策が浮かんできました。

1)部品取り車から部品を持ってくる
2)ポイント化する

1)は部品取り車自体少ない上に、あったとしても
 使えるかどうか分かりません。
 使えたとしても、すでに劣化が始まっているでしょう。
 いずれ交換しないといけない可能性も高いです。

2)は別の車種(R4)等のポイント周りのモジュールを移植するというもの。
 これなら部品は新品がありますが、
 セミトラ→ポイントに言わば退化させてしまう感じですね。

しばらく悩んだ上、2)に決定。
横浜の主治医のところからパーツを送ってもらい
現地で装着。

F1000135

(なんやよう分からん写真ですが。。。)

これで無事に動くようになりました。
この間一ヶ月ほど。
しばらく乗れないと、実際の期間以上に長く感じるものですねえ。

それにしても今回は名古屋、横浜の主治医さん、
そして、新宮の修理屋さん(紀南テックさん)のお陰です。
特に紀南テックさん、初めて診る車にも関わらず
ちゃんと対応してくださって、本当に感謝しきりです。

さあ、サンクを取りに行きますか!
♪お前を迎えに 駆けて行くから〜(by チェッカーズ)

|

« 紀伊半島(深)南部2009夏 その2 鉄道の旅 | トップページ | エイドリアンを迎えに »

コメント

そうでしたか、ポイント化ね。
コードは、昔、プントで切れました。
新車2年目にして、信じられないトラブルでした。

45パンダは逆の(一般的) ポイント→→セミトラ です。
接点に高電流が流れないために摩耗が少ないと聞きましたが。

でも、旧いクルマには選択の余地が狭くなっています。
今回は、最善策と思います。1ヶ月は長かったですね。 

投稿: すぎりん | 2009年10月19日 (月) 23時49分

>すぎりんさん

えー、プントでもコードの断線があったんですね!
しかも2年目って、どう考えても不良品ですよね(笑)

そうなんです、
部品の入手状況を調べてもらっていたり、
色々するうちに一ヶ月掛かってしまいました。

ただ今回に限っては、お彼岸に帰省する予定だったので
ちょうど良かったです(笑)

もう旧い車は、部品をどう回していくかというのが
至上命題になって来ていますね。
BXは比較的パーツ供給が豊富に感じますが
縦サンクは結構厳しい部分もありますねえ。

投稿: しい | 2009年10月21日 (水) 01時46分

続投シマソン
仕事帰りに、ボビンのお見舞いに行って来ました。
宙に浮いていました。

ロアアームのブッシュがヘタリ、ガタガタ音がしていました。
その部品も、ワンメイクでメカさんが作ってくれました。

ボビンあたりでも、リメイクパーツが出てきています。
仕方ないですね。1985年モデルです。

投稿: すぎりん | 2009年10月21日 (水) 18時47分

>すぎりんさん

ボビン号の近況報告、どうもです。
BXに乗っている以上は、やはり足回りはきちっとさせないと
意味ないですもんねえ(^^)
ワンメイクで作ってくれるなんて、相当腕利きの方ですね!
もうすぐ四半世紀経とうとしていますから
部品の供給はますます難しくなるばかりですねえ。
オーナー同士協力しあって、情報共有していくことも
さらに必要となってきますよねえ。

投稿: しい | 2009年10月23日 (金) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/46528913

この記事へのトラックバック一覧です: ポイント化:

« 紀伊半島(深)南部2009夏 その2 鉄道の旅 | トップページ | エイドリアンを迎えに »