« 紀伊半島(深)南部2009夏 その1 新宮にて。。。 | トップページ | ポイント化 »

2009年10月18日 (日)

紀伊半島(深)南部2009夏 その2 鉄道の旅

JAFの隊員さんに新宮駅まで送ってもらいます。

「旧い車なんやし、こういうこともありますわな。
これで気を落とさんでくださいね」

という有り難い言葉をもらい、お別れします。

これが新宮駅。

F1000120

利用するのは初めてです。
フェニックスも植わっていて、南国情緒満点です。
(ヤシの木好きにはたまりません)
折しもお盆の帰省と重なり、帰ってきた人
迎えに来た人でごった返しております。
さすが熊野の都ですね。

駅構内には、駅弁売り場があります。

F1000119

鉄道の旅をあまりしないので、
やっぱり駅弁を買うとかんと
アカンでしょ(笑)

さて、実家まで普通列車でゆっくり帰ろうとも思いましたが
次の列車まで3、4時間あったので
ここは贅沢させてもらいます(^^;)

スーパーくろしおです。
これに乗るのは何年ぶりやろう??
家族旅行で京都に行った帰りってことは
18年ぶり?!
なんか感慨に浸りながら、乗り込みます。

F1000118

♪チャラッチャチャチャチャーララ
 世界の車窓から。
 今日は紀勢本線。新宮駅からです。

始発ということもあり、自由席はガラガラ。
列車が動き始めてから、
花より団子という訳で(オイ)
駅弁を広げます。

F1000117

F1000116

めはり寿司にしようか迷ったのですが、この日はさんま。

ああ、美味〜delicious
子供の頃は大して好きでもなかったのに
いまやこの辺に来たら、むしょうに食べたくなりますね。

この辺で、「団子」の話は置いといて、
「花」の方の話に行きます。
紀勢本線は、R42のすぐそばを走っていることも多いのですが
普段とは違う位置から見る風景。
とても新鮮に感じます。
それに今日は運転していないので、
思う存分に楽しむことができます。

車窓から見る紀伊半島の海岸線は、本当に綺麗ですね。
淡い緑色に輝く海。
(QueenのSeven Seas of Rhyeを思い出しました)
常緑の樹々。
ネコの額ほどの平地に建つ家々。
その配置が絶妙なんですよね。

そんな風景を見ながら、持参した中上健次を読み
紀伊半島気分全開です(笑)

白浜あたりから人が多くなって来ます。
アドベンチャーワールド帰りのお客さんでしょうか。
それでも自由席はのんびりしたものです。

途中から乗って来た二十歳前後の兄ちゃんが
車掌さんを呼び止めて切符を買っています。

イバラギまで、と言ってるので
大阪の茨木かと思っていたら
なんと茨城のことだったらしい。

茨城言うても、広いやん。
どこか言えよ〜(笑)
しかも乗り換えの方法とか、全然調べてなかったみたいで
車掌さん困惑しきり。
しかも乗車券の割引(長距離乗ったら、少し安くなる?)を
使いたいとかで、全然話しが噛み合っていないというか
なんというか(^^;)

某成り上がりな大物ロック歌手もビックリです(笑)

端から聞いてて最初はイライラしてたんですが
こういうある意味大物な人間がいるのも
紀州っぽいよなあ、と変に納得してみたり。。。

御坊を過ぎてからは、おなじみの紀勢本線の風景。
(実は小学生の頃、塾通いで毎週のように
和歌山まで電車で通っていたんです。)

のハズですだったのですが、何か印象が違う!!
風景自体は特に変わっていないはずなのですが。。。
見知らぬ土地に迷い込んだかのような感覚を覚えました。
やっぱ歳を取ったので、感じ方が違ってくるんですかねえ。
いやあ、凄く不思議な体験でした。

そんなくろしおの旅も、海南駅で終了〜。

F1000114

3時間強です。
同じ県内の移動なのに、
東京から大阪まで新幹線で行くよりも
長時間鉄道に乗っているという。。。(^^;)

海南駅からは普通で2駅乗って、実家の最寄り駅です。

いやあ、全く想定外の自体だったとはいえ、
久々の鉄道の旅、満喫させてもらいました♪

さて次回からは、何故縦サンクが止まったのか、
そして縦サンクを再び引き取りに行くまでのことを
書こうと思います。

|

« 紀伊半島(深)南部2009夏 その1 新宮にて。。。 | トップページ | ポイント化 »

コメント

子供の頃とはアイポイントが違うからじゃないでしょうか?

投稿: kanegon | 2009年10月18日 (日) 14時04分

>かねさん

なるほど!!
やはり歳を取ったということですかね(笑)

電車もたまに乗ると、新鮮で良いですねえ♪

投稿: しい | 2009年10月18日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/46515080

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島(深)南部2009夏 その2 鉄道の旅:

« 紀伊半島(深)南部2009夏 その1 新宮にて。。。 | トップページ | ポイント化 »