« 紀伊半島深南部2009春 その1 紀伊長島まで | トップページ | 紀伊半島深南部2009春 その3 熊野速玉大社 »

2009年3月27日 (金)

紀伊半島深南部2009春 その2 UFOからの贈り物

紀伊長島からはさらにR42を南下します。

ここでトラブル発生。
iPodをトランスミッタで飛ばしていて
そのトランスミッタは充電機能があるのですが
(シガーソケットから給電します)
どうも接触不良だか何だかで
うまく充電されていなかったようで
iPodの電池切れorz

僕にとって、ドライブ中に好きな音楽がないというのは
大変辛いんですよね。
FMを聴いても、あまり僕の趣味と合わない音楽ばかり。
AMでは仏像マニアの女の子のお話。
(それはそれで面白かったんですけどね)
そして何よりR42は複雑に入り組んだ山の合間を走るため
電波の入りの悪いこと悪いこと。
すっかり萎え萎えで運転していました。

とはいえ、天気は昨日とはうってかわって最高です!
太陽がまぶしく、暑いくらいです。
さすが紀南。

道沿いにえらいトロピカルな光景を見つけたので
寄ってみました。

F1000113

F1000112

七里御浜です。

F1000117

F1000115

ヤシの木好きにはたまりませんhappy01

こんな道草をしながら道を進むと、熊野川に差し掛かります。
ああ、ついに県境まで来ました。
ここから先は、熊野の都、和歌山県新宮市。

F1000111_2

中紀、紀北に住んでいた僕にとって、
今まではおいそれと行けなかった場所ですが
自分で車を買うようになってからは
しょっちゅう行くようになりました。

佐藤春夫、中上健次をはじめとした多くの文人を輩出し、
また熊野三山の一つ熊野速玉大社、神倉神社(お燈祭りで有名)を抱え
どことなく文化の香りが漂うのも好きなところです。

で、文化がどうのこうのといいつつ、
今日のお目当ては予想通り食べ物です(笑)
R42号沿い、鈴焼で有名な香梅堂の向かいあたりに
あるのが、南海堂です。

F1000110

昔ながらの町の洋菓子屋さんといった風情です。
店内では、バームクーヘン等の洋菓子だけでなく
自家製のパンも売っていました。

パン馬鹿の僕ですが、そんなものは目をくれず
今回の目的はこれ!!

F1000016

UFOパイです。

箱を開けてみると、

F1000015

これ、形がUFOってことなん??
う〜ん、イマイチピンと来ません(^^;)
箱に同封されていたしおりを読んでみます。

20090326210929

どうやらこれはUFOからの贈り物なんですね。
う〜ん、分かったような分からんような。

となると、
喰えば分かるさ 迷わず喰えよ
と猪木風のアプローチを試みます。

F1000014

外側の生地は、昔ながらのちょっと固めの
ぶ厚いパイ生地。
その中に、リンゴ、レーズンといった果物が
ギッシリと詰められています。
アップルパイとは、明らかに違う味わい。

本国とは別の独自の発展を遂げた
伝統的日本風洋菓子の味。
これが美味いんですdelicious
もう由来なんてどうでもいいです。
美味けりゃそれでいいです(笑)

実家でも大好評でビックリ。
新宮行たら、また買うてくらよ〜。

続きます。

|

« 紀伊半島深南部2009春 その1 紀伊長島まで | トップページ | 紀伊半島深南部2009春 その3 熊野速玉大社 »

コメント

七里御浜、キレイなところですね。
やしの木が夏気分です。
UFOパイも気になります。
きっと私好みの味。

投稿: はるかっち | 2009年3月28日 (土) 08時51分

>はるかっちさん

ヤシの木をこよなく愛する僕として
この辺は、本当に気持ちのよいところなんです(^^)
紀伊半島南部の海岸は、どこも綺麗なところばかりですよ~shine
UFOパイ、タイミングが合いそうなら
今度持っていきますねgood

投稿: しい | 2009年3月30日 (月) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/44483956

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2009春 その2 UFOからの贈り物:

« 紀伊半島深南部2009春 その1 紀伊長島まで | トップページ | 紀伊半島深南部2009春 その3 熊野速玉大社 »