« 紀伊半島深南部2008冬 その6 本山谷平井林道(大塔側)、木守、百間山渓谷 | トップページ | フレンチカー Meeting in ソレイユの丘 »

2009年1月12日 (月)

紀伊半島深南部2008冬 その7 乙女の里

さて、百間山渓谷から温泉のある富里に行くには
半作嶺という山を越えなければなりません。
(たぶん熊野下川林道という道です)

おお、またもやこのパターンか。。。
この頃は、かなり疲れていたので
峠はもういいやといった心境なのでした。

とはいえ、そこが最寄りの温泉なので
仕方がありません。
R5と自分にむち打って急坂に挑みます。
(大げさ)

こんな風景を見て、折れた心は
さらにダメージを受けながら

F1000170

F1000169

上って行きます。

峠のてっぺんには立派なトンネルがあります。

F1000167

やはりカモシカなんですね。
ここまで来たら後は下るだけやろということで
一安心。
まだかな集落はと思いながら進んで行くと、
山際にこんな看板を発見!

F1000166

乙女のしずくという湧き水です。
これは飲まねば♪
それにしても砂岩と泥岩がリズミカルに積み重なるとは
一体??(^^;)

F1000164

柄杓がちょっと苔むしている感じだったので
手のひらで受けて飲みました。
クセの無い味で美味しゅうございました。
折れた心も少し復活happy01

そのまま少し下ると、ようやく民家を発見。
富里に到着です♪

ここにあるのが富里温泉「乙女の湯」。

F1000162_2

F1000161_2

F1000163

やっと風呂に入れる〜spa

それにしても「乙女」が好きな村やなあ。
何でやろ??と思っていたら、
さきほど越えて来た「半作嶺」という山。
あれをあるスポットから見ると、
乙女の寝顔に見えるそうなんです。
それにちなんで湧き水や温泉に
「乙女」と名付けているようです。
ちなみにこの時間はもう夕暮れ時&
そのスポットがどこにあるのか分からず。。。
よって乙女の寝顔は拝めずorz

乙女の話は置いといて、500円払って入浴です。
時間も時間やし、ゆったり入れるやろと思っていたら
サッカー部と思しき大学生(地元民ではなさそう)
家族連れの方々がいて、意外と混んでいました。

泉質はアルカリ性単純温泉とのことです。
いやぁ〜、まさに生き返りますね!
普段はあまり長湯をしないのですが
この日は別でした。
よっぽど疲れていたのか、
風呂から出たくないと思いましたもん。

さて、折れた心も完全復活!
ボチボチ実家に帰りましょう。

富里から近露(旧中辺路町)までは県道217。
これもなかなかの険道です。
そしてここからはR311、県道198経由で
龍神まで出ます。
そこからはR424で、旧美山村、旧金屋町を経て
R42に出ます。
あとは和歌山市まで走るだけ。

無事実家に着いたのは、20:00頃。
横須賀から950Kmほどの行程でした(^^;)

いつもながらダラダラと書き連ねてきましたが、
読んでくださってどうもありがとうございました。

P.S 乙女の寝顔、検索してみたら
かなりそれっぽく見えることが判明しました。
(良かったらチェックしてみてください♪)
次は明るいうちに行かねばgood

|

« 紀伊半島深南部2008冬 その6 本山谷平井林道(大塔側)、木守、百間山渓谷 | トップページ | フレンチカー Meeting in ソレイユの丘 »

コメント

いつもながら読み応えのあるガイドでした!
このまま本にできるんとちがうかな?!と思いました。
すごいなぁ。
なによりいいのは、しいさんが心底楽しんではるのが伝わってくるとこです☆

投稿: たま子 | 2009年1月15日 (木) 17時36分

>たま子さん

ありがとうございます!!
たま子さんのブログの文章、すごい好きなんです。
長文でも、よくありがちな読みにくさが全然ないですし
書いてることも一本芯が通っている感じで
楽しみにしています☆
そんなたま子さんに、褒めてもらえるなんて
めちゃめちゃ嬉しいですhappy01


>なによりいいのは、しいさんが心底楽しんではるのが伝わってくるとこです☆

ありがとうございます♪
自分でもいつもあまり計画せずに
行き当たりばったりな感じでドライブしてるんですが
次にどういう展開になるかなというのが本当に楽しみで。
そういう感覚が伝わっているなら、書いてる方としても
本当にうれしいですねhappy01

投稿: しい | 2009年1月16日 (金) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/43723478

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2008冬 その7 乙女の里:

« 紀伊半島深南部2008冬 その6 本山谷平井林道(大塔側)、木守、百間山渓谷 | トップページ | フレンチカー Meeting in ソレイユの丘 »