« 紀伊半島深南部2008冬 その5 本山谷平井林道(古座川側) | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その7 乙女の里 »

2009年1月12日 (月)

紀伊半島深南部2008冬 その6 本山谷平井林道(大塔側)、木守、百間山渓谷

峠を越えると、今度は下るばかり。
落石に気を付けながら進みます。

道端には残雪もあります。

F1000179

この日は天気がよくて本当に幸いでした。

途中から前の川という川に沿って進むようになります。

F1000178

F1000177

これもまたとても綺麗な水。

ようやく見えて来たのが、旧大塔村最奥の集落木守(こもり)。
やはり人家があると、本当に安心しますね。
山間の盆地にできた、のどかな農村。
僕の好きな感じの集落です。
こんな処にも福祉施設(老人ホーム?)なんかがあって
驚きます。
加えて新しそうな住宅地も見受けられました。
そして味わい深い小学校の校舎もありました。
(帰って調べたら、昭和54年に廃校になったそう)
肝心の写真は、何故か撮っていないのです。。。
このときは、体が温泉、風呂モードだったため
早く下に下ろうという気分で、
写真を撮るのが億劫になっていたせいでしょうか。
今となっては木守の写真を撮って置かなかったのが
とても悔やまれます。
また今度訪れることにします。

木守から道を間違ったらしく、
R371を外れて林道木守線を
走っていたようです。
山を越えて進むと、

F1000176

そこは百間山渓谷。

F1000174

ハイキングコースや

F1000171

キャンプ場なんかもあります。

百間山渓谷は、小学生の頃
ハイキングをしに家族で来たことがあります。
めちゃめちゃ賢いガイドの犬がいて、
ハイカー達を先導してくれるのです。
こちらの歩くペースを見て、速すぎず遅すぎず
それは適切なペースで案内してくれた記憶があります。
そして途中の斜面には、
ニホンカモシカを放牧しているスペースも
ありました。
なかなか見れるものではないし、子供心に大興奮でした。

あれから20数年(遠い目)。
今でもあんな犬はいるのだろうか??
カモシカ達は元気なのだろうか??
管理施設で聞こうと思いつつ

F1000172

聞かずにその場を後にしました(^^;)
というかこの頃は、ほんまにメチャメチャ
風呂に入りたかったんです。

目指すは富里温泉「乙女の湯」です。

続きます。

|

« 紀伊半島深南部2008冬 その5 本山谷平井林道(古座川側) | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その7 乙女の里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/43722541

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2008冬 その6 本山谷平井林道(大塔側)、木守、百間山渓谷:

« 紀伊半島深南部2008冬 その5 本山谷平井林道(古座川側) | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その7 乙女の里 »