« 紀伊半島深南部2008冬 その1 海辺の集落巡り前編 | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その3 昼食&土産 »

2009年1月 9日 (金)

紀伊半島深南部2008冬 その2 海辺の集落巡り後編

さて、尾鷲市も梶賀でおしまい。
隣の二木島からは、熊野市です。
その前にこんな絶景を忘れてはいけません。

F1000239

F1000238

楯ヶ崎のあたりです。
本当はハイキングコースがあって
20分ぐらい歩くと、さらなる絶景を拝めるのだとか(^^;)

ヘタレの僕は遠慮しまして、坂を下って行くと二木島です。

F1000236

F1000235

F1000233

ここも僕の好きな集落です。
中上健次の「火まつり」の舞台となったところ。

ここに来たら、あの丸ポストの動向をチェック♪

F1000232

F1000231

まだまだ健在のようで、ほっと一安心。

そのまま遊木(ここの港町の風景も好きですね)、
新鹿と抜けます。
これは新鹿の海水浴場です。

F1000227

山道を抜け、目の前に広がる砂浜。
いつ来ても写真を撮りたくなる光景です(^^)

このあと大泊でR42に復帰。
ここからさらに南下です。

途中、有馬あたりの道を走っていたら、ルーちゃんを発見。
この道で、ルノーに出くわしたって、もしかして初めてかもしれません。

Uターンして、2ショットを撮りに行きます。
(暇やなあ。。。)

F1000223

F1000226

地元ナンバーではありませんでしたが(名古屋ナンバー)
このフェーズで3ドアのATという珍しい仕様。
初めて見たかもしれません。

こんなことをしているうちにもお腹が空いてきました。
何食べよかなあ??

続きます。

|

« 紀伊半島深南部2008冬 その1 海辺の集落巡り前編 | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その3 昼食&土産 »

コメント

この絶景写真に惹かれてしまいました。
海綺麗、山深い、空広い・・・うっとり

投稿: oshino | 2009年1月11日 (日) 02時17分

>oshinoさん

ぼーっとドライブしていると、
眼前に凄い風景が飛び込んで来て、
これは撮らんとあかんな!
と車を止めたという訳です(^^)

R311の海沿いの区間は、特に観光名所があると
いう訳でもないのですが、絵になる風景が多いです♪

この辺の海の色って、本当に独特なんですよねえ。
山と山の間がすぐに入り江となっているせいか
濃い緑の水の層が、固まりとなって
湾内にたたずんでいるかのような印象を受けます。
はるかっちさんのコメントにも書きましたが
油彩の絵の具のようだという某作家の表現は
的を射ているなあと思います。

楯ヶ崎周辺は、遊覧船でも見ることができるようです。
http://tabi.chunichi.co.jp/local/tategasaki.html
小浜の蘇洞門巡りみたいな感じでしょうか。

投稿: しい | 2009年1月11日 (日) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/43691565

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2008冬 その2 海辺の集落巡り後編:

« 紀伊半島深南部2008冬 その1 海辺の集落巡り前編 | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その3 昼食&土産 »