« 紀州奇襲'09後編 | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その2 海辺の集落巡り後編 »

2009年1月 9日 (金)

紀伊半島深南部2008冬 その1 海辺の集落巡り前編

毎年恒例の帰省の途中の道草のお話です(^^;)

今回も途中まではいつものルートです。
それにしてもこの日は寒波が来ていたとかで
エラい寒かったです。

途中休憩で寄った浜名湖SAのイルミネーションも
どこか寒々と見えましたcoldsweats01

F1000271

さて、紀勢道の大宮大台ICで降りて、道の駅でしばし仮眠。

F1000266

が、寝過してしまいました。
熊野灘の日の出を見るつもりやったのに。。。
しかもこの時間帯、R42は流れが若干悪くなるんよね。

気を取り直して南下します。
本当にこの辺の道はいつ走ってもいいですね。
あたりの風景全てが大好きです。

尾鷲のコンビニでの飲み物を補給して
矢の川峠を越えようと思ったら
途中にICが出来てるでは!
熊野尾鷲道路という高速のようです。
今ならタダみたいやし、試しに乗ってみます(笑)

かつて(昭和30年頃まで)はこの矢の川峠も交通の難所で
紀勢線も最後まで通らなかったりだとか
R42もエライ細くて険しい道やったとか
あるいは尾鷲と熊野市の間は船で行き来していたとか
そういう話を聞いたことがあります。
この峠を貫いて高速ができるなんて、土木技術も発達したんやなあと
妙に感慨にふけります(^^;)

が、ひと山をトンネルで抜けたあたりで
終了〜coldsweats01

まだまあ時間かかるんやろなあ。

で、着いたのが三木里の集落。
ここからはR311で、海辺の集落巡りです。
三木里、賀田、梶賀といったあたりを巡ります。

F1000261

F1000257

F1000248

F1000246

はて、これは何の道具なんでしょ??


F1000250_2


F1000249

海沿いの集落と集落の間は山道です。
リアス式海岸なので、そうなっちゃいますね。
途中には所々こんな立て札もあります。

F1000263_2

熊野古道とも近いところを走っているんですね。

梶賀の港で、恒例のショットを撮ります。

F1000240

F1000244

F1000241

日陰になっていたのが、ちょい残念coldsweats01
BXでもそうですが、フランス車と海が似合うように見えるのは
僕だけでしょうか?(笑)

さて、尾鷲市もここでおしまい。
次の二木島からは、熊野市です。

続きます。

|

« 紀州奇襲'09後編 | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その2 海辺の集落巡り後編 »

コメント

何の道具かってそれ、椅子がひっくり返ってるんだと思うよ。

投稿: あか | 2009年1月 9日 (金) 08時07分

>あかさん

やっぱただの籐椅子なんですかねぇ。
港に無造作に置かれていたのと
足?の形が変わっていたので
何かの漁具かと思ってしまいました(^^;)

投稿: しい | 2009年1月 9日 (金) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/43683041

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2008冬 その1 海辺の集落巡り前編:

« 紀州奇襲'09後編 | トップページ | 紀伊半島深南部2008冬 その2 海辺の集落巡り後編 »