« 紀伊半島深南部2008夏 その5 天川(ごろごろ水) | トップページ | 紀伊半島深南部2008夏 その7 天川(純喫茶) »

2008年8月31日 (日)

紀伊半島深南部2008夏 その6 天川(洞川の町並み)

ごろごろ水を汲んで帰ろうかと思ったものの
この洞川の集落のメインストリートが
大変雰囲気のある通りなんです。
最近行った町の中では、一番好きかもしれません。
このまま帰るのも勿体ないということで
再び駐車場に車を止めて散策することにします。

洞川は、修験道の道場として有名な大峰山(山上ケ岳)
の麓の集落。
ということで、修験者、参拝者向けの宿が立ち並んでいます。

これがまたとても立派で趣きのあるものばかり。
ついついシャッター(携帯やからボタンか?)を
押してしまいます(^^;)

F1000062

F1000060

F1000059

F1000054

F1000053

F1000052

F1000051

F1000050

F1000049

F1000048

F1000041

縁側が道に面している宿が多く
そこで宿泊客が寛いでいる様子が丸見えです。
オープンカフェならぬオープン縁側?!
籐の椅子なんかに座って湯上がりビールなんか
飲んでたりして、これがまた美味しそうなんですよね(^^)

宿と並んで目立つのが、陀羅尼助を売る店。
陀羅尼助は正露丸みたいな薬で、
小さい頃から度々名前を聞いたことがあります。
調べてみると、その由来は修験道の開祖、役の行者だそうで
洞川で多く売られているのも納得です。

F1000061

F1000055

F1000067

その他のお店としては、

豆腐屋

F1000066

美味しい水を活かした商売ですね(^^;)

槇専門店

F1000056

これも土地柄といえば土地柄なのですが
まさか専門店があるとは驚きです。

佃煮屋

F1000063

ここも立派な構えです。

パン屋

F1000057

F1000058

僕の旅にやはりパンは欠かせません。
行ってみたら、パンは売り切れでした、残念。。。
かわりにこんなおかきを購入。

F1000040

実家へのお土産の陀羅尼助を買って、
さあ帰るかと思ったものの、
なんか後ろ髪を引かれる思い。
もう少しうろうろしてみるか。。。

|

« 紀伊半島深南部2008夏 その5 天川(ごろごろ水) | トップページ | 紀伊半島深南部2008夏 その7 天川(純喫茶) »

コメント

天川・洞川の宿場町いいでしょ?
木曽の観光化された宿場町より
今も生きた宿場で本物の宿です。
取って付けた土産物もなく
陀羅尼助と名水豆腐で十分って感じも好きです。

名水コーヒーは、私も行きました。

次回は是非鍾乳洞に行って下さい
  夏場は涼しさも堪能できるし
    鍾乳洞としてもかなり上級ですよ!

   それと・・・こっそりアマゴ釣り。

投稿: ベル | 2008年8月31日 (日) 17時16分

>ベルさん

洞川、最高です!!
ここ何年か行ったこの手の古い町並みの中では
一番かもしれません。
土地の方々の生活の息吹が感じられるというのも
いいですね。
宿なんかでも古い建物が多いのですが、
物すごく丁寧に掃除なんかしていて、
とても魅力的に見えました。

そうなんです、変に取ってつけたような土産物がない
ところにも好感が持てました。

名水コーヒー、ベルさんも寄ってはったんですね!
昔ながらの喫茶店という雰囲気で良かったです。
カフェもいいですが、こういうのもまた味わい深いものです。

鍾乳洞も行かんとあきませんね!
天川で一泊して、ゆっくり堪能するのも
ありかもしれませんね。
龍泉寺とか、天川弁才天も行っておきたいですし。

投稿: しい | 2008年9月 1日 (月) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/42333184

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2008夏 その6 天川(洞川の町並み):

« 紀伊半島深南部2008夏 その5 天川(ごろごろ水) | トップページ | 紀伊半島深南部2008夏 その7 天川(純喫茶) »