« 紀伊半島深南部2008夏 その2 下北山 | トップページ | 紀伊半島深南部2008夏 その4 天川(洞川温泉) »

2008年8月30日 (土)

紀伊半島深南部2008夏 その3 大台ケ原

今回は大台ケ原のお話です。

大台ケ原は昔から行きたい行きたいと思っていたのですが
どうもその機会に恵まれず。。。
大学のサークル(アウトドア)でも、何度か大台ケ原に行く企画が
あったのですが、どうもタイミングが悪かったり
悪天候でぽしゃったりとそんなんばっかです。

なので思い立ったが吉日、行けるときに行っとかねばということで
大台ケ原行きを決意した次第です(←ちょっと大げさ)

下北山村からはR169を北上です。
この辺は割と快適に走れて、満足満足♪

伯母ケ峰トンネル(ここも独特の雰囲気のある長いトンネルです)
を抜けたところを山の方に入って行きます。
奈良県道40号です。

最初は紀伊半島っぽい鬱蒼とした林の中の狭路といった趣きですが
途中からは視界も開け、

F1000110

F1000109

F1000108

また道も広くなって
走り易くなります。

紀伊半島とはいえ、あまり見たことのない植物もいろいろ。
日本でも屈指の多雨地帯ということもあってか
植物の勢いが違うように感じます。

スゴイ斜面に生えてる木々。

F1000106

写真では分かりにくいですが、黒い実がなっています。

F1000103

こんな感じで道草しつつ、

F1000101

山々を見下ろしながら、尾根沿いの道を走ります。

F1000104

これですよ、これ!
紀伊半島の山道は尾根沿いのものが多いのですが
風景がホント素晴らしいのです。
あたり一面山!山!山!
そして車で走っていて清々しいというか
独特の気持ちが湧き上がって来るのも
紀伊半島、熊野の山だけです。
上手く書けませんが、
僕が好んで紀伊半島の山奥に出かけていくのも
この辺が理由の一つだと思います。
しかも天気がこの時は最高で、ますます気分は爽快です
それになんかねえ、空の青さが全然違う気がします。

景色を満喫しながら分岐点から20Kmぐらい行くと、
頂上と思しきぽっかりと開けたスペースに出ます。

F1000089

ここは大台ケ原トレッキングの拠点となっているようです。

ビジターセンター

F1000100

F1000099

ここでは大台ケ原入山に関してのレクチャーを受ける設備があったり
ちょっとした博物館的なコーナーもあります。
大台ケ原の成り立ちや、動植物などについての展示がありました。

食堂

F1000097

F1000098

売店その2

F1000095

山小屋?

F1000092

F1000091

この日は平日ということもあってか割と空いていましたが
バイクでツーリングをしているグループもちらほら見かけました。
ライダーを見ると、ついバイクも復活させたくなるんですよね(^^;)
車も楽しいのですが、バイクの楽しさはまた別物ですし。

さて、頂上で缶コーヒーを飲みながら、
今後のプランを考えます。
すると、県道40を下って、R169を少し戻るだけで
天川に行けることが判明!!
それも地図上はそれほど遠くなさそう。

天川も憧れの地なんですよねぇ。
大峰山の麓にあり、修験道の文化や、
独自の言語体系(いわゆる関西弁とは違うらしい)
が残っていたりするせいか、
一度は訪れてみたいと思っていた場所。

ここもやはり行ける時に行っておかねば!
ということで、次の目的地に決定。
大台ケ原を後にします。

F1000086

F1000085

次は登山道具を持って来て、散策したいなあ。

さて、僕が山を降り始めるにつれ
雲行きが怪しくなってきました。

F1000084

F1000083

F1000081

山の天気は変わり易いということを実感です。
特にここは雨で有名な地域ですし。
天川までは降られずに行けるといいなあ。

|

« 紀伊半島深南部2008夏 その2 下北山 | トップページ | 紀伊半島深南部2008夏 その4 天川(洞川温泉) »

コメント

念願の大台ケ原到達おめでとうございます。
今は大台ケ原の名前もすっかりメジャーになりましたが、しいさんの写真を拝見して尾根から眺める景色が今も昔も変わらないのがとても嬉しいです。
私も大台ケ原の尾根で日本にこんな所があるのかと感動しました。
「日本は熊野山脈から浄化された気が発している」と聞いた事があるのですが正に納得です。
R169から県道への入り口は相変わらず狭そうですね(笑)

引き続き天川村レポートを楽しみにしています♪

投稿: oshino@脳内自由人 | 2008年8月30日 (土) 19時44分

>oshinoさん

ありがとうございますhappy01
oshinoさんが以前大台ケ原のことを
素晴らしい場所と仰っていたので、
やはり紀伊半島出身としては
一度行っておかねばと思っていたんです。
それにしても行ってほんまに良かったです
僕も紀伊半島の山奥は色々行っていますが
あそこは別格ですね。
尾根からの雄大な景色を初めて見たときは
息をのみました。
ずっと変わらずに保たれてほしいと思います。


> 「日本は熊野山脈から浄化された気が発している」

走っていて、不思議な気分になるんです。
日記にも書いたんですが、清々しい気持ちになります。
ほんと独特で、他の地方の山奥とも
また違うんですよねぇ。

R169から県道への入り口、今でも狭かったです。
エッ、ここから本当に大台ケ原に行けるの??
どこか別の山への林道ちゃうの??
って感じでした(笑)

天川も独特の雰囲気に満ちた、魅力的な場所でした〜。
また読んでもらえると嬉しいです♪

投稿: しい | 2008年8月30日 (土) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/42326921

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2008夏 その3 大台ケ原:

« 紀伊半島深南部2008夏 その2 下北山 | トップページ | 紀伊半島深南部2008夏 その4 天川(洞川温泉) »