« 第7回サンクミーティングのご案内 | トップページ | 第7回サンクミーティングその1 »

2008年6月 3日 (火)

春磐梯番外編 なつかしcarショー

春磐梯の途中、西会津町で行なわれていた
「なつかしcarショー」というイベントに立ち寄って来ました。

車を置いて、土手を降りると

F1000152

Willyと106がいるでは!
幸先の良いスタートですね(笑)

入り口ではボンネットバスがお出迎え。

F1000135

F1000151

このイベントは、その名の通り、
旧車がグラウンドに展示されているというもの。

アマチュアバンドの演奏なんかもあったりします。

F1000148

車に合わせて、音も60年代のテケテケサウンド(^^)
会場には、露店なんかも出ていて、
ちょっとしたお祭りのようになっています。

さて、はじめにラテン車に目が行くのは、
仏車乗りの悲しい習性ですね(笑)

F1000150

いきなりR5Tがいます。
横はロータス・エスプリ。

F1000149

が、仏車は、他にR4と2CVがいたくらいでしょうか。

伊車は、こんな感じですかねえ。

F1000144

F1000145

あとはジュリアとか旧いアルファが何台かいました。

ここからは、国産車です~。
(今回はこっちの方の写真ばかり撮りました(笑))

トヨタ

F1000147

F1000146

ヨタハチはカッコいいですよね。
トヨタ車のデザインも、
この頃のを踏襲してくれればいいのに。。。(^^)

マツダ

F1000137

F1000143

コスモ、いいなあ。
個人的には、ファミリアも見たかったですね。
実家の車だったので(^^)


ホンダ

F1000136

F1000139

この緑のシビックは思い入れがあります。
小児検診の際、近所の方に乗せてもらった
ときの記憶が蘇ります。
あのときは和歌山中部の海沿いには珍しく
大雪だったなあ。。。

いすゞ

F1000141

F1000140

いすゞ車、好きなんです。
物心ついたころ、家の車が初代ジェミニだったので
その頃から刷り込まれているんでしょうか。
欲を言えば、ピアッツァが見たかったです(笑)

ちなみにスバルが1台もいませんでした。
あと三菱も見なかったような。。。
何故なんでしょう??

あと、日産を撮り忘れていることに気づきました(汗)
ファンの方、スミマセン。
昔のグロリア、スカイラインあたりがメインでした。
特にスカイライン、年代ごとに多数ご来場でした。
やはり日本を代表する車なんですねぇ。
大事にされています。

と、旧車を存分に楽しませていただきました。
基本的に古いものが好きなせいもありますが、
昔の日本車って魅力的なデザインが多いですねえ。

またこういうイベントがあれば、
足を運んでみようかなあ。

最後に、旧車じゃありませんが、これ!

Hさんの306Rallye。

F1000134


初めて見ましたが、ただの306ではありません(笑)
カッコいいです(^o^)

|

« 第7回サンクミーティングのご案内 | トップページ | 第7回サンクミーティングその1 »

コメント

>あと、日産を撮り忘れていることに気づきました(汗)
ファンの方、スミマセン。

ファンの方です(笑

昔の日本車は、今ほど世界売る為のデザインの必要もなく、もっと純粋にカッコイイとか
美しいとかに力を入れていたんじゃにでしょうか。

それとクルマが贅沢品であったことで
金型にコストもかけれたから、こだわりのあるボディーラインも作れたと思います。

現行型GT-Rより箱スカの方が
   ボリューム感じますモンねっ!!!

投稿: ベル | 2008年6月 3日 (火) 18時37分

当日雨が激しかったためドタキャンが相次いだそうです。
でも以前より参加車両は少なくなりましたね。

スバルの件は聞いてみます。(^_^;)

投稿: おおたけ | 2008年6月 3日 (火) 18時58分

三菱はギャランGTOとかランサーとかいたよ。
スタリオンはいなかったなw

投稿: junk | 2008年6月 3日 (火) 20時17分

しいさん、ボクって凄いよ!?
画像にある国産車のすべてに同乗、もしくは
ハンドル握ってます。 当時のボクのまわり
のオトナたちが凄かったのか?ただ長いこと
生きてるせいなだけか?(笑)

一番ハンドル握って楽しかったのはシビック
かなぁ。117クーペも友人のに良く乗せて
もらってました。
とても自分では買えなかった車ばかりですが。

投稿: nick | 2008年6月 3日 (火) 20時24分

>ベルさん

そうですよねえ、
ベルさん日産好きなのに。。。
スカイラインは、ホント圧巻でした。
あまり詳しくないのですが、80年代までの
モデルは、ほとんど揃っているのでは!
という勢いでした。

昔の日本車って、ほんとデザインにこだわっていましたよねえ。
遠くから見ても、すぐにあれ!って分かるようなデザイン
だったと思います。

金型にコストかけれたって意見は
すごい納得です(^^)
今は何か言えば、コストダウン、コストダウンで。
あとは安全性の問題とかもあるんでしょうか。
うまくデザインと両立させてもらえればいいのですが。。。

ほんま箱スカの方がセクシーですよねえ。


>おおたけさん

このイベントに連れていってくださって
ありがとうございます♪
普段はフランス車ばかり見ているので、とても新鮮でした。

なるほど、そんな事情があったんですね!
雨降りでしたもんねえ、あの日。
屋根が開く車は大変ですよねえ。
前はもっと多かったんですね!

スバルが一台もいないのはホント不思議でした。
こういうイベントだと、360とかいそうですよね。
どこかで別のイベントがあったんでしょうか。
また教えてくださいね〜♪


>junkさん

あっ、言われてみればギャランGTOがいました!
失礼しました(汗)
スタリオン、割と好きだったりします(^^)
以前、高速のSAでスタリオンのオフ会に出くわしたことがあります。
なかなか迫力ありました(笑)


>nickさん

それはホントスゴイことだと思いますよ!!
nickさんのまわりって、
車好き、それも濃い趣味の方が
多かったんですね(^^)
いやあ、実にうらやましいです。。。
僕もあと20年早く生まれていれば(笑)

僕の中では、シビックといえばこれですね!
117クーペもほんと美しいですよねえ。
どんな感じでしょうか、一度でいいから運転してみたいです。
そんな僕が今一番欲しい国産車は、ピアッツァです(笑)

投稿: しい | 2008年6月 4日 (水) 00時06分

キレイに映っている!と思ったけど、拡大すると汚いね(^^;>rallye

投稿: hosacarito | 2008年6月 4日 (水) 03時07分

>hosacaritoさん

お疲れ様でした~♪
SS区間での泥や土埃が付いたんでしょうか(^^;)
うちのもそうですが、白い車って汚れが目立ちやすいですよね。
うちのR5は。。。ブログにもアップできない汚さです(笑)
はやく洗車せねば。。。

投稿: しい | 2008年6月 4日 (水) 09時10分

>うまくデザインと両立させてもらえればいいのですが。。。

そこなんです!今の日本の問題は!

私の年代以前の工業デザインは、工法から素材特性を学びながら出来ること出来ない事を
コストのバランス考えて業者と打ち合わせして煮詰めたのですが
今は、その時間も経費削減で進められるのと
そのノウハウを持つ年代の人がリストラされ
良いモノを適正価格で市場に送り込む為の限界点を
見極めれる人が少なくなっているんですよ。

デザイナーもノンポリのファッション派が多くなったし・・・

投稿: ベル | 2008年6月 5日 (木) 21時13分

>ベルさん

>今は、その時間も経費削減で進められる

我々の業界でもそうですが、
モノの開発サイクルも短くなってきてますもんねぇ。
消費者の問題というのもあるのかもしれませんねえ。
少しでも安くて高性能なものを早く市場に出してほしいという
要望が行き過ぎて、それに応えるメーカー側も
デザイン等の「わかりやすいスペックとは関係のないもの」
が後回しになっているのかもしれません。


>良いモノを適正価格で市場に送り込む為の限界点を
>見極めれる人が少なくなっているんですよ。

ああ、そういう事情もあるんですね。。。
デザインの良い製品は
どうしても高くなりがちな気がします、最近。
普段使いのものにこそ、
素敵で飽きの来ないデザインがほしいですね。

それに若い世代の人って車に対して、
昔の人のように憧れとか思いいれがないと聞くので
デザインする上で、実感がなかったり、
モチベーションが湧かなかったりする
のかもしれませんね。

投稿: しい | 2008年6月 6日 (金) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/41413368

この記事へのトラックバック一覧です: 春磐梯番外編 なつかしcarショー:

» ブログ開設 [ホンダ大好きブログ]
ホンダ関連の記事ということでトラックバックさせていただきました^^よろしくお願いします! [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 19時48分

« 第7回サンクミーティングのご案内 | トップページ | 第7回サンクミーティングその1 »