« プチパケ・ツーリング | トップページ | 紀伊半島深南部2008春 その2 カレーを求めて »

2008年4月 1日 (火)

第20回シトロエン環八お茶会

先週の土曜日は、第20回シトロエン環八お茶会に
参加してきました。

会場は、砧公園。
東名用賀ICを降りて、すぐという抜群のロケーション。
去年はR5で参加だったのですが、
ことしはBXで行ける♪ということで
結構ウキウキしていました(笑)

さて、僕が着いた頃には、すでに
色とりどりのシトロエン達が。
闇夜に佇むシトロエン達は、妖しく美しいです。

F1010039

F1010040

F1010038

僕の大好きな、GSです(^^)

新しめのシトロエンも去年より増えていた気がします。

F1010028

F1010027

F1010024

F1010023

C2、C3 Pluriel、C4あたりですね。

そして、

F1010022

クサラVTS×3
今回一番惹かれた写真かもしれません。
3台並ぶなんて、そうあることじゃありません(笑)
何気に好きなんですよね、この車。

ちなみに僕のBXの隣は

F1010041

BXと

F1010035

alfetta GTV!!
(アルファの中では、これかSudが一番好きです♪)

ボビンのBXは、会場でも珍しかったみたいで
いろんな人にお声を掛けていただきました。
やっぱり減って来ているんですね。。。

さて、シトロエン以外の車といいますと、

ルノーでは、

F1010033

Express

F1010029

Megane 16V & Clio RS

このでかいのは、もしや。。。

F1010026


F1010025

月面車こと、Scenic RX4

F1010037

お仲間さんのR16&R25&Vel Satis
歴代の菱形旗艦ショットですね。
Safraneがいれば完璧?!(笑)

このR16ですが、

F1010032

シートに座らせてもらいました。
最高!!の一言、
ほんまにソファーみたいです♪
名付けて極楽椅子(^^)

うん、目の前を横切る赤い物体。

F1010036

5GTT!!
まさかここで会えるとは。。。
しかも知り合いの車でもなさそうです。

後でオーナーさんとお話しようと
車の方に行きましたが、
オーナーさんとお会いできずorz

F1010030

このサンク、とても鮮やかな赤です。
色あせもありません(オールペンでしょうか?)
GTTで赤って、あまり見ません。

プジョーは少なかったのですが、
こんなのがいました!

F1010034

406
相変わらずかっこいいですねぇ。
端正なお顔です。

しばらく車を見たり、パンを食べたり、
お知り合いと話をしているうちに
何だか眠くなって、BXのリアシートにゴロン。

どれくらいの時間が経ったのでしょうか。
気がつけば、まわりはシトロエンが1台もいない状況に
なっていました(苦笑)

という訳で、環八お茶会も終了?!です。
主催者の方々、お相手してくださった方々
お疲れ様&ありがとございましたm(_ _)m

|

« プチパケ・ツーリング | トップページ | 紀伊半島深南部2008春 その2 カレーを求めて »

コメント

嗚呼。行きたかつたで諏訪。。。orz

投稿: みつき | 2008年4月 1日 (火) 22時00分

>みつきさん

お会いできず、残念でした。。。
また東名でランデブーできるものかと
思っていました(違)
5GTTがいたのには、ビックリしました(^^)

投稿: しい | 2008年4月 2日 (水) 09時20分

うぉ~!!!

R16に座れましたか!!!!
羨ましい!!
長野のTさんが史上最強のシートと言って
生涯一番好きな車と話されていたので
ここ半年気になる1台なんです。

投稿: ベル | 2008年4月 2日 (水) 14時33分

>ベルさん

なんとTさんもお気に入りの逸品だったとは!!
あれはイイですよ〜。
ヘッドレストがないのですが、
そんなの気にならないくらいでした(笑)
僕の中では、R18、R19シャマードとならんで
最強の部類ですね。
よくイベントに参加されるお知り合いの車なので、
たぶんそのうちベルさんも体験する機会が
あるかと思います(^^)

投稿: しい | 2008年4月 3日 (木) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/40715985

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回シトロエン環八お茶会:

« プチパケ・ツーリング | トップページ | 紀伊半島深南部2008春 その2 カレーを求めて »