« 紀伊半島深南部2008春 その2 カレーを求めて | トップページ | 紀伊半島深南部2008春 その4 花園→高野→龍神 »

2008年4月 4日 (金)

紀伊半島深南部2008春 その3 紀伊大島

前回は新宮で、カレー屋を探して彷徨っていた話。
で、串本に向かうことにしました。
約40Kmほどの道のりです。

ここに来た訳はといいますと、
串本の沖に浮かぶ大島。

ここに、以前から目を付けていた素敵なパン屋さんが
あるんですね。
その名をnagiといいます。
今回の紀伊半島行では、ここは是非とも寄ろうと
決めていました。
そこはカフェ併設しているので、もしかしたらカレーを
食べれるかもという淡い期待もありまして(笑)

串本から大島へは、橋が架かっています。
海の上をぐるぐるループしております。
これを渡ってしばらく行くと、ありました!

F1010098

F1010097

F1010096

結構賑わっているようで、
他府県ナンバーの車もチラホラ。
アルファ・スパイダーの横に停めます(^^)

ランチメニューにカレーはありませんが、
ここまで来たら何でもいいや!ってことで、
ランチを頼みました。

F1010104

ポタージュ

F1010102

F1010101

豆とカマンベールのサンド

付け合せも素敵です。

F1010099

F1010100

この菜の花とベーコンのソテーも美味しかった~♪
ほろ苦さがたまりませんね。

どれも野菜たっぷり。
滋味に溢れていて、美味しゅうございます。
あとはドリンクが付きます。

食後は、パンを買い込みます。
(買ったパンのことは、また後で書きますね)

さて、再び串本に戻って、
実家のある和歌山市に向かおうかと思って、
橋のたもとにある公園まで行きます。

時間も4時をまわっており、
あたりもすっかり夕暮れ時です。

F1010092

F1010095

F1010094

F1010093

F1010091

時間も時間やし、さあ、出発するか。
これで大島ともお別れかと、
一人勝手に感傷的になっていたんですが(^^)
せっかくここまで来たんやし、
島内をもう少し探索するか!
ということで、樫野灯台まで行くことにしました。

灯台の手前の駐車場に車を停めて、
徒歩で灯台を目指します。

ここ大島は、トルコと縁の深い場所ということで
こういうトルコ風?のオブジェや建物があったりします。

F1010089

F1010090

中は、記念館になっています。

土産物屋も、トルコアイスを売っていたり
絨毯を売っていたりと、トルコの香りが
そこここに感じられます。

さて、これが樫野の灯台です。

F1010088

実は携帯の電池がなくなりかけで、
この一枚しか撮れなかったのです(涙)
とはいえ、個人的にかなりお気に入りなんです、
この写真。
どことなく、イギリスとかの丘陵地帯っぽくありません?
行ったことないですけど(笑)

灯台の雰囲気をしばらく味わった後、
大島を後にしました。

大島、訪れたのは2回目ですが、
ここもすっかりお気に入りです。
やはり島に行くということは、
たとえ橋で簡単に渡るにしても
旅情に溢れていますね。
また来ます。

さて、あとは帰るばかりなり状態です。
最短だと、田辺までR42、そこから高速なんですが
またもや回り道をしてしまいます(^^)

ルートは、上富田から中辺路経由で龍神に行き
そこから日高川沿いに下ります。
そして旧美山村から、R424で旧金屋町に出て、
この辺で力尽きたのか、
結局最後は、有田ICから高速に乗ってしまいました(笑)

途中、雨降りの中、ワイパーのリンケージが折れる等の
アクシデントもありましたが、
(ワイパーが2本あるうち、運転席側しか機能しなくなった。。。)
何とか無事に帰って来れました。

さて、大島で買った来たパンを
次の日に家族で食べてみました。

こんな感じです。
相変わらずボケボケ写真で恐縮です(^^)

F1010084

菜の花とヒヨコ豆のピザ

F1010078

パンオショコラ

F1010083

名前を忘れました。
カスタードクリームが絶品だったことだけ
覚えています(笑)

ハード系は、こんな感じ。

F1010075


F1010074

フランスパン
ここのは形がちょっと変わっています。
どっちかというとバタールに近いんでしょうか。
噛むと、ふんわり柔らかいけど、
最後のところで、しっかり感も残っているような食感です。

F1010082

F1010080

F1010079

リュスティックとカラントの入ったパン。

F1010081

プルーンが丸ごと載ったパン(食べかけでスイマセン)
今回買ってきた中では、これがイチオシですね。
(写真も一番うまく撮れてますし(笑))
プルーンを使っているパンってあまり他で見ないのですが
これがハード系の生地と合います♪

どれもメチャメチャ美味いです。
大島まで行った甲斐がありました
個人的には、紀美野町の名店ドーシェルに
匹敵するのではと思っています。

そんなわけで、帰省してもパンかい!と言う感じで
食べまくっているのでした(^^)

|

« 紀伊半島深南部2008春 その2 カレーを求めて | トップページ | 紀伊半島深南部2008春 その4 花園→高野→龍神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/40760503

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部2008春 その3 紀伊大島:

« 紀伊半島深南部2008春 その2 カレーを求めて | トップページ | 紀伊半島深南部2008春 その4 花園→高野→龍神 »