« メンテナンス、整備の記事について | トップページ | ハイランドのパン屋さん »

2008年1月23日 (水)

ヘッドライト交換

最初にこのサイトのポリシーです。
http://shiizaki.cocolog-nifty.com/shiizakiblog/2008/01/post_0688.html
簡単な作業ですけど、自己責任で。

先日、BXのヘッドランプのレンズが割れてしまいました。
そこで交換をすることに。

最初はレンズだけで良いのかと思っていたら
考えが甘くて、結局ヘッドライトごと交換することに。。。

中古パーツで、ちょうどヘッドランプの出物があったので
これを送ってもらうことにしました。
これが先週の土曜日に届きました。

F1010007

早速交換です。
最近手に入れたヘインズのマニュアルを参考にしながら
作業を始めます。

まずは、ヘッドライトからコネクタを外します。
さて、BXのヘッドライトは、
先端にボールがついたボルトで止まっています。
つまりライト側に穴があって、
まずその穴にネジをはめ込んだ上で、ボルトを締めています。

こんな感じです。

F1010010

F1010009

このネジの先っちょがボールになっていて、
白い樹脂部分にはめ込まれています。
これが計3カ所です。

その逆の作業をすれば良いので、
まずはボルトを緩めます。
狭いスペース、オマケに、
ボルトにピッタリあう工具がない。。。
徒手空拳(大げさ)で挑みます^^)

素手だとなかなか辛いですね。
手にマメが出来そうになりました(笑)
まあこの辺でいいだろうというところまで来て
ボールから、ヘッドライトのユニットを引っこ抜きます。

あとはその逆の作業です。
緩めるよりも締める方が大変でしたが
何とか無事装着です。

20080120194047

これで安心して公道も走れます(←おおげさ(笑))

無事何とか作業も終わったものの、次の課題が。。。

ヘッドライトが割れている間、ビニールシートを
クラフトテープで止めて、水などが入らないように
覆っていたのですが
そのテープの剥がしにくいこと、剥がしにくいこと。
なんともこんなお姿に。。。

20080120194153

お湯を濡らした雑巾で拭いても、全然ダメですね。
うむむむむ。
クラフトテープで貼ったのが、間違いでした。
噂では、マニキュアの除光液が効果あるとか聞いたので
今度やってみようっと。

|

« メンテナンス、整備の記事について | トップページ | ハイランドのパン屋さん »

コメント

パーツクリナー(wakosがお勧め)があれば一撃ですよ。waxも飛んじゃうけどね

それと、そこを回したなら光軸調整しないとハイビームになってる可能性が……

投稿: kanegon | 2008年1月23日 (水) 21時46分

近くにコンセントがあればヘヤドライヤーで熱して粘着を柔らかくしたらめくれ易くなります。
残った粘着はガムテープなどを上から貼ってはめくり貼ってはめくりを繰り返すと取れます。
または薬局で売ってる無水アルコールやブレーキクリーナーなどでも粘着を柔らかく出来るのでいいです。

ホームセンター売ってるようなシールハガシ剤とかマニキュア除光液は塗装を傷める場合があります。
国産車の立派な塗装ならいいかもしれませんが、古いフランス車の塗装は粗悪ですから(^^;

投稿: くまねこ | 2008年1月23日 (水) 22時54分

>kanegonさん

アドバイスありがとうございます♪
パーツクリーナーで汚れを飛ばせば
固いボルトも回りやすくなるってことなんですね。
今度使ってみます♪

光軸調整、してないです。。。
ヤバいかもしれません。
対向車にイヤな思いをさせていたかも。。。^^)
ちゃんとしておかねば。


>くまねこさん

詳細なレクチャー、ありがとうございます!!

残念ながら、家と駐車場の距離が離れていて
ドライヤーが使えないんですよ〜(>_<)
ガムテープは、絨毯の掃除とかで使う感じですね!
無水アルコールがいいんですね♪
早速アルコールで試してみようと思います。
で、そのあとにガムテープでペタペタやってみます。

危うくマニキュア除光液使う所でした。。。
(ドラッグストアで、ちょっと照れながら購入(笑))
やはりシールハガシ剤とかその類は
塗装を傷めちゃう恐れがあるんですね。
うちのBXも、ちょこちょこ細かいヒビが
入っていまして
気を遣った方がいいような状態です^^)

投稿: しい | 2008年1月24日 (木) 04時20分

こんばんは。

テープはもう剥がれました?
ボビンBXってボンネットはFRPじゃなかったでしたっけ?
普段FRPと関わる事が少ないので、注意点とかイマイチ判らんですね。
プラスチックと同じ感覚で考えると、迂闊なケミカルだと溶けそうな予感。
だとすると塗料もFRP用なのかしら?

投稿: asn? | 2008年1月27日 (日) 21時38分

まいどー。
仕事でカッティングシートはがすんですが、
アクリとか樹脂もんを傷つけずにって条件の時、ケミカル使わずに、熱湯!!と根気!ではがします。
がんばってください。

投稿: てんと屋、ズンズン | 2008年1月29日 (火) 10時08分

>asn?さん

こんばんは。
あの後少しテープを剥がしていたのですが
12ヶ月点検のために、主治医のところに入庫。
ついでに剥がしてもらうことになりました
(←人任せ(笑))
どうやって剥がしたかとか聞いておきますね。

そうです、ボンネットはFRPです。
仰る通り、何を使っていいのやら分かりません。。。
漁師さんに聞けばいいのかもしれません(笑)
ただ、知り合い曰く、むきだしじゃないし、
ガソリンかかっても大丈夫だから
あまり気にしなくてもいいのでは?
とのことでした。


>ズンズンさん

まいどです!
本職の方からのコメント、ありがとうございます♪
やっぱり気合いなんですね^^)
塗装のケミカルとどんな反応するか分かりませんもんねえ。
熱湯が効くんですね。
自分でやってときは、ぬるま湯だったんですが
やはりそれでは甘かったですね!
次回から参考にさせてもらいます〜☆

投稿: しい | 2008年1月29日 (火) 23時32分

粘着剤の除去

アルコール系は、不純物が乾燥後シミになるので辞めた方がいいです!!

時間かかりますが液体WAXで溶かせます。
ちなみにチューインガムも溶かせます!

投稿: 今頃ベル | 2008年2月 1日 (金) 17時40分

>今頃ベルさん

アルコール系は、無水じゃないとダメなんですね。
今頃は、主治医のところで剥がしてもらってる
と思われます。
主治医は、どうやって剥がすんだろう??
気になります(笑)

>液体WAX

これ、効きそうですね!
ガム溶かせるって楽しそうですね、何となく^^)
街中の美観を損ねてるガムで、試してみたいです(笑)

投稿: 今頃しい | 2008年2月 5日 (火) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/17799581

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドライト交換:

« メンテナンス、整備の記事について | トップページ | ハイランドのパン屋さん »