« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

ハイランドのパン屋さん

先週の土曜日の朝は、家の近所のパン屋さんに。
久々のパンオフ(一人)です。

ちょっと前、家の近くにパン屋さんがオープンしたと聞いて
会社からの帰りなど、探してみたのですが
なかなか見つかりません。
土曜日の午前中なら時間の余裕もあるし、明るいし(笑)
多分見つかるだろうということで、気楽に出かけます。

場所はハイランドの住宅街のあります。
ちょうどハイランド入り口から
ちょっと行ったとことろの公園のあるあたりから、
わき道に入って、少し坂を登っていったところです。

今日はアッサリ発見できました。
こんなお店です。

F1010032


F1010030

zacroといいます。
ザクロの実を発酵させた酵母で
パンを作っているのが、店の名の由来のようです。
この辺では珍しく、ハード系が充実していて
嬉しい限りです。

チェック帽の店員さんたちが、愛想をふりまきながら
テキパキとパンを運んでいきます。

買ったパンを羅列してみます。
相変わらず映りが悪くてスミマセン^^)

F1010029

ベーコンとマッシュルームのキッシュ

F1010028

ピザ風

F1010026

クロックムッシュ

F1010025

3つ一緒に、土曜のお昼♪

F1010015

フランボワーズのパン

F1010014

ミルフィーユ風

F1010013

ベーコンのチャパタ
ここのお店は、チャパタが充実。
他にもタマネギ、ドライトマトなど数種類ありました。

F1010012

さつまいものパン
素朴な芋の風味と、味のある生地が上手く合っていました。
これが一番好きかも。

F1010011_2


栗のパン

他はバゲットだの、ハード系をいくつか。
久々のパン屋巡りだったためか、
ついつい大量に買いすぎてしまいました(笑)
そのせいか、レジの店員さんをたいそう手間取らせることに。。。

店を出ると、

F1010031

サンクの横に206。
なんかこういう構図、嬉しいです。

と家の近所に好みのパン屋さんが出来て
ご機嫌なのでした。
一つ残念なのが、営業時間。
会社の始業が9時なので、
それまでに開いていてくれれば
朝飯を買っていけるのになあ^^)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

ヘッドライト交換

最初にこのサイトのポリシーです。
http://shiizaki.cocolog-nifty.com/shiizakiblog/2008/01/post_0688.html
簡単な作業ですけど、自己責任で。

先日、BXのヘッドランプのレンズが割れてしまいました。
そこで交換をすることに。

最初はレンズだけで良いのかと思っていたら
考えが甘くて、結局ヘッドライトごと交換することに。。。

中古パーツで、ちょうどヘッドランプの出物があったので
これを送ってもらうことにしました。
これが先週の土曜日に届きました。

F1010007

早速交換です。
最近手に入れたヘインズのマニュアルを参考にしながら
作業を始めます。

まずは、ヘッドライトからコネクタを外します。
さて、BXのヘッドライトは、
先端にボールがついたボルトで止まっています。
つまりライト側に穴があって、
まずその穴にネジをはめ込んだ上で、ボルトを締めています。

こんな感じです。

F1010010

F1010009

このネジの先っちょがボールになっていて、
白い樹脂部分にはめ込まれています。
これが計3カ所です。

その逆の作業をすれば良いので、
まずはボルトを緩めます。
狭いスペース、オマケに、
ボルトにピッタリあう工具がない。。。
徒手空拳(大げさ)で挑みます^^)

素手だとなかなか辛いですね。
手にマメが出来そうになりました(笑)
まあこの辺でいいだろうというところまで来て
ボールから、ヘッドライトのユニットを引っこ抜きます。

あとはその逆の作業です。
緩めるよりも締める方が大変でしたが
何とか無事装着です。

20080120194047

これで安心して公道も走れます(←おおげさ(笑))

無事何とか作業も終わったものの、次の課題が。。。

ヘッドライトが割れている間、ビニールシートを
クラフトテープで止めて、水などが入らないように
覆っていたのですが
そのテープの剥がしにくいこと、剥がしにくいこと。
なんともこんなお姿に。。。

20080120194153

お湯を濡らした雑巾で拭いても、全然ダメですね。
うむむむむ。
クラフトテープで貼ったのが、間違いでした。
噂では、マニキュアの除光液が効果あるとか聞いたので
今度やってみようっと。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

メンテナンス、整備の記事について

基本的には、自分ではあまり車をいじらない方ですが
ごくまれに、車のメンテナンス、整備などを
僕自身で行い、それを当ブログの記事にしていることがあります。
もしそれを参考にして、車のメンテナンス、整備を行った場合、
いかなるトラブルが発生しても、当方は一切関知したしません。
全て自己責任でお願いします。
ご了承くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

和歌山プチパンオフ

帰省中のとある日のできごと。

地元の、R19乗りのMさんと
お昼ごはんを食べに行きます。

場所は、和歌山駅近くの焼肉屋さん。
昼は定食メニューが充実しているようで
どれにしようか迷いましたが、
ここは日替わりを選択。
とんかつ定食です。

F1010045

F1010044

ご飯の量も結構多いし、
味噌汁の味も、僕好み。
(味噌汁は、薄味が好きなんです)
質も量も満足です。
これで650円は安い!!
店のおっちゃん、おばちゃんもめっちゃ愛想良くて
なんか学生時代を思い出しました^^)

お昼を食べた後は、ぶらくり丁の楽器屋さんへ。
Mさんが購入した、カホンを取りに行きます。
カホンをらくらく飲み込むBXのトランク。
ほんま広いですよね。

この後は、スウェーデンの雑貨&家具の
innovatorのお店に行ったりした後、
郊外に向かいます。

最初の行き先は、岩出市の業務スーパー。
さすがみかん星だけあって、試食し放題です。

F1010042

F1010043

作られた場所、農家によってこれほどまで味が違う
ものなんですね。驚きです。
美味しかったものを選ぶことができます。
値段もとにかく安いです。
一袋100円です!
会社の方々へのお土産に、値札を付けたまま持ってってしまい
色んな意味でビックリされてしまいました(笑)
みかん以外にも、変なスナックやカップ麺も
置いてあったのでついつい手が伸びます^^)

業務スーパーを出た後は、R24を東に少し進み
井阪橋を渡って、旧桃山町方面に進みます。
その名の通り、桃をはじめとする果樹の栽培が盛んなところで
果樹園の中のワインディングは、景色も楽しく
走っても楽しい道です。
フランス車のお仲間さん達と、ツーリングするのも
楽しいだろうなあなどと話ながら、車を走らせます。

車は、紀美野町にさしかかり、そこから釜滝大師さんに
向かいます。

釜滝大師の手前が、次なる目的地です。

F1010040

ドーシェルです。
このパン屋さん、和歌山で一番好きかもしれません。
パンがめちゃめちゃ美味しいのはもちろん、
丁寧で温かい接客も素敵ですし、
店からの眺めも素晴らしいです。

F1010041

フード、ドリンク、ランチメニューも充実してるので
カフェとしても利用することが可能です。

買ったパン(の残り)は、こんな感じです。
食べたパンは、写真に撮るの忘れた。。。

F1010032

F1010039

このうち栗が乗ってるパンは、次の日に
紀伊長島の道の駅で頂きました。
それはそれは幸せな気分になりました♪

ドーシェルに行ったことで、
パン好きの血が騒いだか
もう一軒行くことにしました。

紀美野町から海南に抜け、高速に乗って湯浅町まで行きます。
ここがお目当ての、カワ本店です。

F1010036

カワは、和歌山に住んだことのある方なら、
誰でも知ってると言っても過言ではないと思います。
県内に手広く展開している、パンのチェーン店なのですが
その本店が、ここ湯浅にあるのです。

何でも本店は、他の店とは一味違うとか。
中に入ってみると、ふむふむ、本店にしかないパンが
結構あります。
それに加えて、石釜で焼いたパンも各種揃っています。
早速購入します。

店内では、矢継ぎ早にパンが補充されるので
レジで支払いをしているときに、
「あっ、あのパンが欲しい!!」
なんてことも(笑)

パンを買うと、コーヒー、紅茶、水のサービスがあるので、
早速店の外のテーブルにパンを広げます。

F1010034

う〜ん、うま!
やっぱ本店が一番うまいなあ。。。

時は既に日暮れ。
晩飯代わりにたらふくパンを食べた我々は
家路に着くのでした。

和歌山は意外とパン屋さんが多く、
もの凄い山奥とかにもあったりするので
ドライブがてらに、パン屋巡りするのも楽しいかもしれません。

最後に遊んでもらったMさん、
どうもありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月15日 (火)

帰省復路2007冬(和歌山〜横須賀)

今回は、復路のお話です。
往路と違って、1回で書くつもりです^^)
あまり道草してないので(笑)

1/6(日)

AM5:00に実家のある和歌山市を出発。
素直に最短ルート
(阪和道、近畿道、西名阪、名阪国道、東名阪経由)
で帰ろうかと思ったものの、
明日から仕事という現実に反抗してか、南回りで帰ることに^^)

海南ICから高速に乗り、ひたすら南へ!
途中ガソリンの残量がないことに気づき、
みなべICでおります。

紀南、しかも日曜日、しかも早朝という悪条件ではありましたが
多分田辺市内なら、開いてるGSがあるはず!

ちょうど田辺市に入ったあたりで、開いてるGSを発見。
この際値段はどうでもいいやと思って入ったものの、
ハイオク、リッター138円という驚くべき価格。
レギュラーでもその値段は。。。
嬉しいサプライズで、少しばかりテンションも上がります♪

ここからはR42を南下南下南下。
上富田からR311に入った方が早いのですが、
早朝の山間部、凍結の心配もありますし。

R42の海沿いワインディング、BXを走らせます。

途中、こんな写真も撮りながら、

F1010030

F1010029

着きました、本州最南端、串本。
ここで、少し遠回りをして、潮岬に向かいます。
観光タワーの前に車を停めます。

F1010017

F1010018

うん、観光タワーに何か文字が書いてあります。

F1010019

やっぱ地元の言葉は、和みますわ♪

さて、潮岬は本州最南端!

F1010028

岬から眺めるは、太平洋の夜明けです。

F1010025

F1010024

F1010023

F1010022

めっちゃ清々しい気分になりますね!

さて、車を置いたところに戻ります。
観光タワー付近は草原が広がっているのですが
この角度から見ると、日本とは思えません。

F1010021

潮岬から、再び串本の街へ。
漁港に向かいます。
僕の中では、フランス車といえば
海、港のイメージがあります。

サンクもそうですけど、海が似合うと思いません?

F1010013

F1010015_2

自己満足撮影会も終了し^^)
ここからは、北東に進路を取ります。
新宮も越え、尾鷲も越え、走ります、走ります。
BXも絶好調です。

が、紀伊長島の道の駅まで来たところで、

F1010008

さすがに空腹が。。。

珍しいことに、朝からコーヒーぐらいしか、
口にしてなかったりして実は。

昨日、和歌山で買ってきたパンを食べます。

F1010007

実はこの道の駅、個人的に立ち寄り率がかなり高いです。
片上湖畔にあり、公園としても楽しめます。
のんびりした雰囲気が、かなりお気に入りです。

F1010010

F1010009

お腹も満たして、さあ出発というところで
こんな屋台を発見!!

F1010006_2

なんとマンボウ料理を売っていました。
マンボウの唐揚げとか、マンボウの焼き鳥風とかもありました。
どうやらこの町は、マンボウで町おこしをしているようなのです。
さすがにそのときはマンボウテンションでもなかったので
(←どんなテンションやねん(笑))
買わずに、道の駅を出てきました。

代わりに買ったのが、鴨のつくね。

F1010005

鴨、大好きなんで、これは無条件に購入(笑)
個人的には、もうちょい焼いた方が好きですね。
(って100円やし、文句は言えないんですが^^)

その後も、R42を走ります。
と、道の左側に白い泡状のものが点々としています。
何じゃこりゃ??
まさか雪じゃあるまいし。
化学的なものだと、タイヤであまり踏まん方がいいよなあ。
それに滑ったりするのも嫌やしなあ。
と思いつつ、踏まないようにして、走ります。

この泡の謎は、高速に乗ってから解けることになります。

ちょうど紀勢道から、伊勢道に入ったあたりでしょうか。
前方の走行車線を走る、鮮魚輸送車。
それが時折白い泡を撒き散らしているのです。
後ろの排水ホースから飛び出してきます。
ああ、これがさっき道に落ちていた泡の正体なんだなと、
このとき理解しました。

BXのフロントガラスにも飛んできて、付着してしまいました。
何じゃこりゃ??
ホースから出てくるってことは、洗剤の洗い忘れか??
あまり泡をかぶるのも良くないので
その鮮魚輸送車を追い越しました。

あとで知り合いに聞いたら、
「鮮魚から出た塩水」の混じった水が、
攪拌されて泡となったものだそうです。
当然、旧い車にとっては大敵ですね^^)
気をつけねば。

このあとは、東名阪、伊勢湾岸道、
東名、横横と乗り継いで帰ってきました。
休みの日恒例?の、東名厚木付近の渋滞も10Km程度と
比較的ましなほうで、助かりました。

そんなこんなで、帰省も無事終了です。
でも心は早くも、紀伊半島に向いているのでした(笑)
次はR425とかR371沿線に行きたいなあ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

帰省往路2007冬(龍神)

中辺路で、野中の清水を堪能した後は、
龍神を目指します。

中辺路町のR311を進みます。
道の駅で、トイレ休憩。

Mixi_046

Mixi_047

そんな大きな道の駅ではありませんし、
見所がある感じでも無かったのですが、
たいそう賑わっていました。
何かあるのかなあ??

さて、途中から和歌山県道198号
龍神中辺路線に入ります。
3桁県道ですが、R311同様2車線の走りやすい道です。

長いトンネルを抜けると、そこは龍神村。
温泉でも入るかということで、龍神温泉の方に向かいます。
が、今日のお目当ては、龍神温泉ではなく
丹生ヤマセミ館。
家庭的で、とても雰囲気が良いという評判を聞いて
是非行ってみたかったのです。

ところが、道中こんな看板が。

Mixi_045

ガーン。。。

でも気分は温泉モードのままなので、
龍神温泉に向かいます。
龍神温泉は、確か日本三大美人湯でしたっけ^^)
物心ついた頃からよく来ている温泉です。
親父に連れられて、入った思い出が蘇ります。
その温泉街は、日高川のほとりに、ひっそりと立っています。

Mixi_039

Mixi_040

知名度の割に、この静かな雰囲気が保たれていて
好きな温泉です。

最近新しくなった、元湯の温泉施設はこんな感じ。

Mixi_042

Mixi_041

入ったのが、12/30のお昼過ぎということもあり
ほんまガラガラでした。
ゆったりと温泉気分を味わわせてもらいました♪

さてさて、一風呂浴びところで、家路に急がねば。
高野龍神スカイライン、高野山経由で帰ろうとも
思ったのですが、十津川の教訓より、上は雪で
エラいことになってるだろうなと考えたのです。

そこで、R425を、西に進みます。
おっと、その前に、丸ポスト発見!!

Mixi_035

Mixi_036

龍神温泉のすぐ近く、龍神郵便局です。

本題に戻りまして^^)、
日高川町(旧美山村)から、R424に進路を取ります。
有田川町(旧金屋町)に入ってすぐに目に入るのが、
この道の駅です。

Mixi_033

しらまの里。

ここは山菜、薬草の類いの品揃えが豊富です。
特に何を買う訳でもないのですが、
いつも立ち寄ってしまいます。

この時間になると、雪も降り始めてきました。
急いで山を降ります。
そしてまた山を越え、海南に抜けます。

海南まで来れば、実家はもうすぐそこです。
とまあ、そんな感じで、今回も実家に帰ってきました。

ここからは、超簡単インプレ(R5 five vs BX)
BX、さすがに移動がラクでいいですね。
特に高速道路、流せる田舎道では真価を発揮します。
R5 fiveもこの手の長距離移動は楽なのですが
さらに上を行く感じです。

BXは、山道など、MTを駆使すれば、やはり楽しいのですが
何と言うか、流して走る方が性に合っている車だと思います。
fiveは、山道なんか行くと、割と回したくなる方なんですが、
BXはあまりそういう気にもならなくて。
その辺のキャラの違いが感じられて、面白かったですね。

シートの良さは、甲乙付けがたいですね。
明らかにルノーとシトロエンでは、シートの感じが違うのですが
どちらも柔らかく、どんな座り方をしても気持ちよく感じさせる
懐の広さがあります。

燃費はサンクの方がいいですね。
下道だと、12、3Km/l、高速なら20Km/l近く行きます。
BXは下道:10Km/l、高速:頑張って15Km/lぐらいなので。
この辺は、車重とかOHV/SOHC、インジェクション/キャブの
違いとかあるんでしょうね。

以上、超初歩的インプレでした^^)

という訳で、今回の帰省往路編も完了です♪
読んでいただいて、ありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

帰省往路2007冬(中辺路)

本宮からR168をさらに北上していくと、
山道が険しさを増して行きます。
ここを越えると、奈良県十津川村です。
このルートは、5、6年前にバイクで通ったことが
あります。
へなちょこライダーで、
特にコーナリングが苦手だった僕は
必死に仲間についていったっけ。
懐かしいなあ。。。

そんな険しい道にも、一部バイパスが出来ていました。
あまりの立派さに、タマげてしまいました。
この道、金掛かってるんやろうなあと思いつつも、
なかなか景色は良いです。
ヨーロッパとかでよくある山岳道路チックです。

そんなバイパスも束の間、もとの道に戻ります。
十津川に入って、すぐに十津川温泉に差し掛かります。
ここも10年ほど前、大学のサークルの仲間と来たっけ、
ハイエースに10人ぐらい乗って(遠い目)
それにしても十津川温泉は、あのときのままで
余計に当時の記憶が色々とフラッシュバックしました(笑)

十津川からは、R425で龍神に行こうと思ったのですが
通行止めとのこと。
折しも、雪が降って参りました。

本宮のカフェで、地元のおっちゃんが言ってた言葉。

「今日は、上の方はみぞれが降ってたわら
もっと上行ったら雪降らよう、雪雲あるさけ」

まさに地元に住む人ならではの智慧ですね。
という訳で、これからさらに山を越えるのも無謀なので
別のルートで、龍神を目指します。

まずは再びR168で、本宮に戻ります。
そこからR311で、中辺路に行きます。

R311も、快走できる道ですね。
田辺市の中心地から、新宮市まで行くのは
これが一番速いと思います。
(R42だと大回りになってしまうので)

中辺路では、野中の清水に立ち寄ります。
野中の清水は、古くから湧いていた泉で
熊野古道を旅する人々の喉を潤してきたとか。
環境省選定の名水百選にも、選ばれています。

R311から、ちょっと脇道に入ります。
やや細い道を少し上ると、
おそらくR311の旧道と思しき道があります。

そこをちょっと行ったところに、野中の清水があります。
駐車場に車を止めて、あたりを散策します。

清水は、こんな感じで湧いています。

Mixi_054

これをそのまま飲むのは、ちょっとキツいなあと思っていると
地元のおばちゃんが

「兄ちゃん、下に綺麗なのがあるんで、そっちを飲まんせ」
「上の泉が野中の清水や思う人も多いんよ〜」

と教えてくれたので、下に行きます。

Mixi_051

下は源泉から直結されているようで、流石に綺麗です。
手で掬って飲みます。

地下水なので、冬場は温かく感じます。
美味しい水です。
やはり湧き水を飲むのは、感慨もひとしおで
より美味しく感じるものですね。
ペットボトルのミネラルウォーターだと、こうはいきません^^)

さっきのおばちゃんと再び世間話。
これがほんとの井戸端会議?!(笑)
こういう地元の人との触れ合いって、大好きです。
旅行から帰ってきた後も、風景より何より
記憶に残っている気がします。

さて野中の清水の周辺は、綺麗に整備されていて
こういう案内があったりします。

Mixi_049

Mixi_048

Mixi_053

また、ここだけ石畳なんですよね。
石畳といえば、フランス車!!
ということで、写真を撮ります。

Mixi_058

Mixi_056

Mixi_050

う〜ん、なかなか似合ってますね♪
次は、R5で試さねば^^)

なお、石畳付近でのアイドリングはお控えくださいという看板も
ありましたので、行かれる方は充分ご注意ください。
付近には、民家もありますので。

清水を満喫した後は、再びR311に戻ります。
ここからは、龍神を目指します。
龍神編に続きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

帰省往路2007冬(本宮)

さて、168号を川沿いに北上すると
本宮に着きます。
以前は東牟婁郡本宮町だったのが、
田辺市と合併して田辺市本宮町となっています。

ここは何と言っても、熊野本宮大社です。

Mixi_077

お参りしておかねばということで
駐車場探しです。

幸い、初詣用に臨時駐車場が多数設置されており
らくらくと停めることが出来ました。
車を置いて、神社に向かおうとすると、
黄色いレンタカーらしき車(京都ナンバー)が停まります。

中から降りてきた、大学生らしきグループに
「本宮大社ってどこですか?」
と道を尋ねられました。

よりによって、横浜ナンバーの
訳の分からん車に乗った人間に道を尋ねるなんて(笑)
和歌山弁丸出しで、道を案内させていただきました^^)
でも京都から和歌山、それも熊野まで
はるばる来てもらえるなんて嬉しいですね♪

さて、僕も神社に行くかと思ったものの、
またしても空腹が襲ってきました。

手ごろなお店を探します。

本宮も、世界遺産になったせいか、
あるいは田辺市と合併したせいか
街並みもかなり整備されてきています。

そこここに土産物屋や、茶店が見受けられます。

Mixi_076

Mixi_075

Mixi_074

そんな中、一軒のカフェに妙に惹かれました。

Mixi_066

Mixi_072

Mixi_065

おそらく農協の支所とか郵便局とかその類いを
リフォームした感じの建物ですが、
小洒落ていて、しかも辺りの風景とも
マッチしているんですよね。

よし、ここでご飯をいただきましょう!

Mixi_071

中では、二人のお姉さんが切り盛りしています。
接客も優しい感じで、まさにはんなりといった風情。
店内もセンスが良く、それでいて、
とっても温かい空気が漂っています。
こりゃ居心地いいわ♪

フードメニューも色々ありまして
10時というのに、もう昼飯です(笑)

今日のランチは、煮込みハンバーグ。
(って昨日の夜もハンバーグやったやん(笑))

Mixi_070

Mixi_069

家庭的な雰囲気で、美味しゅうございます。

デザート(名前忘れた。。。)とコーヒー。

Mixi_068

Mixi_067

デザートも、丁寧に作られている感じで
美味しかったです♪

しばらくコーヒーを飲みながら、本を読んでいると
地元のおっちゃんが来て、コーヒーを飲んで帰って行ったり
あるいは、こんな世間話をしていたり。

「今日は、上の方はみぞれが降ってたわら
もっと上行ったら雪降らよう、雪雲あるさけ」

「今度、どこどこの山に行ったら、○○取って来るさけ
楽しみにしといてよ〜」

お洒落なカフェなんですが、
地元にもすっかり溶け込んでいる感じで
その辺も、とても好感が持てました。

あんまり気に入ったので、
お店のHPのURLなども紹介させていただきます。
cafe Bonheur
http://www.my-polaris.jp/hongu/cafe/

さて、お腹も満たされ、温かい気分になったところで
本宮参りです。
石段を上がっていると、
ジャージ姿の学生さんと思しき集団がいます。
来るお正月に向けて、準備のお手伝いをしているようです。
ボランティアとかアルバイトの方々でしょうか。

さて、石段を上がり、参拝します。

Mixi_064

家内安全を祈願します。

こういう垂れ幕が掛かっているんですね。

Mixi_063

前回参拝時(5年前)には、全く気づきませんでした。

さて、参拝も済んだことですし、出発です。
その前に、さっき本宮郵便局の前でアレを見かけていたので

Mixi_073

BXと2ショットです。

Mixi_062

本宮の道の駅でも、パシャリ。

Mixi_061

さて、BXは、R168を十津川に向かいます。
そこから龍神に抜けようと、その時考えていたのです。

中辺路編に続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

帰省往路2007冬(横須賀〜新宮)

新年一発目の記事ですが、
内容は年末の帰省の話です(笑)
しばらくこのネタを書いて行きますが
おつきあい頂けると幸いです。

12/29(土)

ほんまは明け方頃に出るはずが、
昼前に、横須賀を出ます。
今回は、BXの出動です。
初めての遠出。どうなりますことやら。

が、横横に乗った途端に腹が減って来て
SAで昼食を取ることになりました。

Mixi_093

ドライバーさん、大丈夫?(笑)

その後は、保土ヶ谷バイパスを経て東名に乗ります。
多少込んではいますが、流れているので
さほど気にはなりません。

相良牧ノ原SAにて、休憩。
白の206RCの横が空いていたので、厚かましく
並びに行きます^^)

Mixi_090

Mixi_089_2

それにしてもBXは高速がラクですね。
何じゃこりゃ?
笑いがこみ上げてくるぐらいに気持ちよいです♪
サンクも相当楽でしたが、さらにその上を行く感じです。
一旦速度を上げてしまえば、あとは楽々巡航です。
これは病み付きになりますね。

さて、名古屋某所に用があったので、寄り道し、
伊勢湾岸道に乗ります。
ここは、片側三車線の広い道。
BXの本領が最も発揮されるような気がします。

さて、このときすでに夜の8時前。
とりあえず夕食です。

Mixi_087

Mixi_086

湾岸長島SAにて、おろしハンバーグ定食をいただきます。

この後、ほんとは最短ルート(名阪国道経由)で帰るはずでした。
朝も出発が大幅に遅れたというのもありますし
これなら、その日のうちに和歌山の実家に帰れますし。

が、食事を取ったせいか、妙に眠くなり
当日中の帰還をあきらめざるを得ない事態になりました(笑)

Mixi_085

Mixi_084

BXも車高が下がって、まさにお休み中ですね^^)

夜中の2時前に目覚め、ここで
「やっぱ南回りやろ!」
という気持ちになって、進路を南に取ることに。

さあ出発です♪

伊勢湾岸道から、東名阪、そして伊勢道へ。
さらには紀勢道に移ります。

終点の大宮・大台を降りればそこは国道42号。
さあ楽しい紀伊半島ドライブの始まりです。

何度行っても飽きませんね、ほんと紀伊半島は。

いつものように、南下しまっせ〜。
BXも滑らかに走ります。
この道も、いいペースで流せるので、好きですね。

が、尾鷲のサークルKまでたどり着いたところで、
再び睡魔が。。。
しばし仮眠を取ります。

Mixi_083

さすが磯釣りのメッカ。
まわりは、釣り客と思しき車がいっぱいです。

朝飯を食って、

Mixi_082

出発!!

BXは、矢の川峠を越えます。
この峠と次の佐田坂は、とてもスケールの大きな峠で
いつ走ってもワクワクします。
勝手にアルプス越えをイメージしながら(笑)、
峠道を楽しんで行きます。

尾鷲の隣は熊野市、そして県境はもうすぐです。

熊野川を渡って、和歌山県に入ります。
ここからどうしようか、いつも迷うのですが
その日の気分で、山の方に向かいます。

R169をちょっと行ったところのスタンドで給油。
初老の店員さんに入れてもらったのですが、
精算するときに
「これ貴重品ですね」
と声を掛けてもらって、ちょっと嬉しくなりました。
BXのこと知ってるんや!って。

スタンドのはす向かいに、こんな看板を見つけたので記念撮影。

Mixi_079

Mixi_078

普通読めませんよね(笑)
ちなみに僕は、この喫茶店の回し者での何でもありません^^)

さて、車は熊野川沿いに、R169を一路本宮に向かいます♪

本宮編に続きます〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年のご挨拶

Mixi_077

Mixi_063

Mixi_064_2

大変遅くなりましたが
明けましておめでとうございます!!

旧年中は、このブログを見ていただき
どうもありがとうございました♪

今年が皆様に取って、素晴らしい一年となりますように☆
本年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

ちなみに画像は、熊野本宮大社です。
初詣のときと思いきや、撮影したのは、2007年12月30日^^)
そうです、まだ初詣に行っていないんです(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »