« 帰省往路2007冬(龍神) | トップページ | 和歌山プチパンオフ »

2008年1月15日 (火)

帰省復路2007冬(和歌山〜横須賀)

今回は、復路のお話です。
往路と違って、1回で書くつもりです^^)
あまり道草してないので(笑)

1/6(日)

AM5:00に実家のある和歌山市を出発。
素直に最短ルート
(阪和道、近畿道、西名阪、名阪国道、東名阪経由)
で帰ろうかと思ったものの、
明日から仕事という現実に反抗してか、南回りで帰ることに^^)

海南ICから高速に乗り、ひたすら南へ!
途中ガソリンの残量がないことに気づき、
みなべICでおります。

紀南、しかも日曜日、しかも早朝という悪条件ではありましたが
多分田辺市内なら、開いてるGSがあるはず!

ちょうど田辺市に入ったあたりで、開いてるGSを発見。
この際値段はどうでもいいやと思って入ったものの、
ハイオク、リッター138円という驚くべき価格。
レギュラーでもその値段は。。。
嬉しいサプライズで、少しばかりテンションも上がります♪

ここからはR42を南下南下南下。
上富田からR311に入った方が早いのですが、
早朝の山間部、凍結の心配もありますし。

R42の海沿いワインディング、BXを走らせます。

途中、こんな写真も撮りながら、

F1010030

F1010029

着きました、本州最南端、串本。
ここで、少し遠回りをして、潮岬に向かいます。
観光タワーの前に車を停めます。

F1010017

F1010018

うん、観光タワーに何か文字が書いてあります。

F1010019

やっぱ地元の言葉は、和みますわ♪

さて、潮岬は本州最南端!

F1010028

岬から眺めるは、太平洋の夜明けです。

F1010025

F1010024

F1010023

F1010022

めっちゃ清々しい気分になりますね!

さて、車を置いたところに戻ります。
観光タワー付近は草原が広がっているのですが
この角度から見ると、日本とは思えません。

F1010021

潮岬から、再び串本の街へ。
漁港に向かいます。
僕の中では、フランス車といえば
海、港のイメージがあります。

サンクもそうですけど、海が似合うと思いません?

F1010013

F1010015_2

自己満足撮影会も終了し^^)
ここからは、北東に進路を取ります。
新宮も越え、尾鷲も越え、走ります、走ります。
BXも絶好調です。

が、紀伊長島の道の駅まで来たところで、

F1010008

さすがに空腹が。。。

珍しいことに、朝からコーヒーぐらいしか、
口にしてなかったりして実は。

昨日、和歌山で買ってきたパンを食べます。

F1010007

実はこの道の駅、個人的に立ち寄り率がかなり高いです。
片上湖畔にあり、公園としても楽しめます。
のんびりした雰囲気が、かなりお気に入りです。

F1010010

F1010009

お腹も満たして、さあ出発というところで
こんな屋台を発見!!

F1010006_2

なんとマンボウ料理を売っていました。
マンボウの唐揚げとか、マンボウの焼き鳥風とかもありました。
どうやらこの町は、マンボウで町おこしをしているようなのです。
さすがにそのときはマンボウテンションでもなかったので
(←どんなテンションやねん(笑))
買わずに、道の駅を出てきました。

代わりに買ったのが、鴨のつくね。

F1010005

鴨、大好きなんで、これは無条件に購入(笑)
個人的には、もうちょい焼いた方が好きですね。
(って100円やし、文句は言えないんですが^^)

その後も、R42を走ります。
と、道の左側に白い泡状のものが点々としています。
何じゃこりゃ??
まさか雪じゃあるまいし。
化学的なものだと、タイヤであまり踏まん方がいいよなあ。
それに滑ったりするのも嫌やしなあ。
と思いつつ、踏まないようにして、走ります。

この泡の謎は、高速に乗ってから解けることになります。

ちょうど紀勢道から、伊勢道に入ったあたりでしょうか。
前方の走行車線を走る、鮮魚輸送車。
それが時折白い泡を撒き散らしているのです。
後ろの排水ホースから飛び出してきます。
ああ、これがさっき道に落ちていた泡の正体なんだなと、
このとき理解しました。

BXのフロントガラスにも飛んできて、付着してしまいました。
何じゃこりゃ??
ホースから出てくるってことは、洗剤の洗い忘れか??
あまり泡をかぶるのも良くないので
その鮮魚輸送車を追い越しました。

あとで知り合いに聞いたら、
「鮮魚から出た塩水」の混じった水が、
攪拌されて泡となったものだそうです。
当然、旧い車にとっては大敵ですね^^)
気をつけねば。

このあとは、東名阪、伊勢湾岸道、
東名、横横と乗り継いで帰ってきました。
休みの日恒例?の、東名厚木付近の渋滞も10Km程度と
比較的ましなほうで、助かりました。

そんなこんなで、帰省も無事終了です。
でも心は早くも、紀伊半島に向いているのでした(笑)
次はR425とかR371沿線に行きたいなあ。。。

|

« 帰省往路2007冬(龍神) | トップページ | 和歌山プチパンオフ »

コメント

本当お疲れさまです。
本州最南端へは電車で(スーパーくろしお号)行きました。
青岸渡寺や那智の滝も絡めつつ。
新宮の駅に確か「やにこくさい」って書いてましたよ。和歌山弁は面白いですね。

今日もフランスシリーズで。
BX停めている所はまるでマルセイユの港みたいですなぁ。
ブイヤベースでも食べて陽気に語りたい気分になりますね。

次はいつ渡紀伊ですかな?
ボクも楽しみなんですよ!

投稿: みちなり | 2008年1月16日 (水) 01時34分

>みちなりさん

実は電車で、御坊以南に行ったことないんですよ〜。
なので、スーパーくろしおで旅行しはったって聞いて
ええなあーって思いました。
青岸渡寺も、いいでしょ!


「やにこ」って田辺より南では、よく使いますね!
和歌山弁、関西でも通じないときがありましたからねえ^^)

>マルセイユの港

いいこと言いますね!(笑)
串本で、美味しいフレンチとかイタリアンのお店も
探そうかなあ^^)
フランス車は、ほんま海が似合うと思います。


次は、3月に行けたらなあって思います。
噂の「夜のフリマ」、それに行けたらなあ。
それか、フレフレですね!

投稿: しい | 2008年1月16日 (水) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/17708055

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省復路2007冬(和歌山〜横須賀):

« 帰省往路2007冬(龍神) | トップページ | 和歌山プチパンオフ »