« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月23日 (日)

子安カレー

今日は割と早起き。

昼から仕事なので、その前にやること
ということで、レンタルCDを返しに、野比のツタヤに。

あまりにも「帰って来たサンク」の調子がいいので
午前中は、お出かけすることに決定!!

R134を海沿いに走り、三浦海岸まで。
そこから三崎口まで

この辺は、初めての車(トゥインゴ)を買った頃、
練習がてら、よく走りに来ました。

平日でも、早朝にここまで来て
浜辺で朝ご飯のおにぎりを食べたり
そんな思い出があります。

ちょっと走ったところに、黄色いのがいるでは。

F1000008

おおっ、トゥインゴ!!

さらにちょっと進むと

F1000007

おおっ、トゥインゴ!!

しかも色まで一緒。
バイユイエローでしたっけ。

一瞬この辺で、ルノーのオフ会が開催されてるのか??
とか考えてしまいました(笑)
ちなみに1台目は横浜ナンバー、2台目は大宮ナンバー。

三崎口まで行って、そこから油壺を通り、また三浦海岸に
戻る途中で、畑の中に入って行きます。

以前もこのブログで書いたことのある、
畑のどまんなかにあるパン屋さんで、
いくつか調達です。

F1000001

ここのパンは、基本的なパンを
しっかり作ってるって感じがします。
と書きつつも、左下の胡麻がかかったパン、
実はアンパンなのです。
こいうちょっとしたひねりもあってなかなか面白いです。

さて、お腹もすいて来たので、なんか食べよう。
やっぱ蕎麦かなあってことで、大楠温泉の近くまで行きます。
確かこの辺に、「縄文蕎麦」って看板があったんよなあ。
いつか行こうとおもいつつ、なかなか行けなかったので
この機会に。

だがしかし。。。

行ったものの、看板がないではありませんか。
ガーン

何食べよ??
とりあえず道の空いてる方ということで
湘南国際村方面へ。

R134から、子安の里通りに右折します。
この辺りは、子安の里と呼ばれていて
隠れ里としても有名だったそうです。
急坂の途中に、地ものの野菜や陶器なんかを売る店が
点在しています。

さて、偶然見つけたカフェで昼飯を取ることにします。

F1000002

ランチメニューも、場所がら、しらす丼、まぐろ漬け丼
そしてしらすドッグや、謎のシカゴサンドなど
豊富なラインナップ。

で、僕が選んだのは、

F1000005

F1000004

F1000003

結局カレーかい!

キーマカレー風です。
細切れの野菜が色々入っています。
ターメリックライスがやや柔らかめだったのが
ちょい残念でしたが、美味しゅうございました。
3枚目の小鉢は、スパイシーピクルスと書いてありました。
(これは別売りです)
カレーの薬味に、さらに辛いもの?!

と久々に近場の飯屋も開拓したのに、
仕事に戻ることになるのでしたとさ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

1年点検

今日は杉並の主治医のところに
サンクを引き取りに行きました。
先週から、1年点検のために預けていたのです。

途中、横須賀中央で下車して、
コンタクトを作ってから参ります。

横須賀中央付近の裏通りは、どこか懐かしい感じです。

F1000023

F1000021

F1000020

さて、最寄り駅に着いたら、
車を取りに行く前にやることが。。。
昨日ネットで見つけた、蕎麦屋。
最近蕎麦禁断症状が出て来たので、
そこに行こうと企んでいたのですが、場所が全然分からず。
あれ〜、おかしいなあ。。。調べたはずやのに。

ウロウロしたあげく、駅前のイタリアンへ。
ここはピザで有名な店。
主治医のところに行く際は、ここで飯を食べるのが
密かな愉しみです^^)

ピッツァランチです。
今日はピッツァトンナーラ。


F1000016

F1000015

サラダ、パルメジャーノが散りばめられているのですが
塩気が野菜と合いますね♪

ピザも文句なし。
というかデカ!!
この皿、直径30cmほどあります。
ツナと赤タマネギ、ケーパー、バジルペーストなんかが
載っていました。
美味しゅうございました☆

さてと、満腹になって、サンクを引き取りに行きます。

ええっと、今回の主な交換箇所は

・リアホイールシリンダーからのオイル漏れ
 これ、うちのサンクの持病なのかな。
 1年点検、車検のたびにこの症状が出てる気がします。
 ちなみに今回は右です。

・プラグ交換
 かなりカーボンがついてたそうです。
 始動性の悪さは、これが原因かも。
 ってこれぐらい自分でチェックせねば(汗)

・オイル交換
 前回交換時から3000Kmほど走ってるので、
 ついでに交換です。

・ライトレバースイッチ交換
 近頃ハイビームにならなくなっていたのですが、
 原因はこれでした。

・リアワイパーゴム交換
 
・テンショナー関連
 ベアリングが劣化して、音が出ていました。
 あとは、ベルトに裂け目が入っていました。
 そのまま走っていると、ヤバかったかもしれません。
 ああ良かった、良かった。

ヒューヒュー笛のような音が鳴っていたのですが、
原因はテンショナーのベアリングと、吸気系の漏れとのこと。

吸気系の方は、エンジンを開けることになるみたいなので
今回はお預けです。

まあ音が鳴っているだけで、車機能そのものには
問題なさそうですし、また余裕が出てくれば。

主治医曰く、塗装も結構キてるね、とのこと(笑)
何でも、洗車したらガラスが白くなってビックリした
と言ってました。
屋根の塗装がはげて来たのかな。。。

ともあれ、そんな感じで、サンクも元気になって帰ってきました。
1週間ぶりに運転します。
いつも思うのですが、あのシートに腰をおろして運転するときの
あの気持ちは何なんでしょうね。

ゆっくり流すときの心地よさ。
頑張って走るときの気持ち良さ。
ふわ〜っとしたあの乗り味。

これがあるから、サンクから離れられないんです。
それに今回は、点検明けなので、気分的に余計に
そう思ってしまいますね(笑)

帰りに、SAで調子にのって写真撮りまくってしまいました^^)

F1000007

F1000006

F1000005

F1000004


F1000003

普段洗車してないのですが、してもらうとやっぱいいもんですね。
もともとボロいとはいえ、キレイになりますね。
鉄チンホイールも、洗えばなんだかカッコ良く見えます。
レベッカの、
♪トランジスタなBodyもみがけば光りだす
って一節を思い出しました。
惚れ直しました(笑)

旧いだけに、またあちこち不具合が出て来て、
そのうちひとやま、ふたやまあるかもしれませんが、
乗り続けようと決意を新たにしました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

紀伊半島深南部 その6 古座川

色川を後にして、県道43で古座川町の「滝の拝」に向かいます。
道はまあ...こんな感じです。

F1000047

F1000048

険道全開です。
(しつこいですけど、通行は自己責任でお願いしますね)

途中ところどろころ展望がありまして、
気持ちいいですなあ。

F1000049

やっぱり紀州は木の国ですね。

途中、シカの親子に遭遇。
写真を撮ろうとするも、アブを追い払っている間に
逃げられてしまいました。。。

F1000050

そのガードレールの切れ目の薮のところに
いたはずなんですけど(笑)

意外と長いんですよね、この道。
古座川町に入ってからも、結構距離があった気がします。
というか険道を走っているうちにそういう感覚が
麻痺しているのかも(笑)

F1000051

ちなみにこれは、古座川の支流、小川の上流部です。
ここからちょっと進んだところで、
4トントラックとすれ違った際はビックリしました。
幸い50メートルバックで済みましたが。
待避所が何もないところだったらと思うと。。。

それとメガーヌツーリングワゴンとも会いました!
県道44の406クーペといい、何故にこんなところで??
相手の方もそう思ってたりして(笑)

そうこうしてるうちに、滝の拝に着きました♪

滝の拝とは。。。
説明しにくいので、まずは画像から^^)

F1000056

F1000057

F1000058

F1000059

F1000060

このように、渓谷なのですが、
河原の岩に無数の穴が空いています。
川の流れが穿ったのでしょうか。
このような光景を、他で見たことがありません。

渓谷そのものもさることながら、
まわりの風景も素敵。

F1000054

隣接する小川の集落の郵便局。

F1000055

橋の向こうの学校。

F1000061

橋の向こうから。
原色の花がよく似合います。
やはりここは南の川です。

これらが調和して一体となった
どこか懐かしい風景。。。
ずっとぼうーっと景色に身を委ねていたい気がします。

が、このときすでに4時。
いい加減腹も減ってきたので、
一枚岩鹿鳴館に向かいます。

途中こんなトンネルまでできていました。。。

F1000062

便利になるのはいいのですが、
清冽な小川の水質に影響が出ないことを祈ります。

さて、鹿鳴館に着きました。
ここは以前は、ホントレトルトに毛が生えたような
感じの軽食しか置いていなかったのですが
しばらくいかないうちにメニューも充実してきました。
定食メニューなんかもあります。

今日は珍しそうな、1日30食限定の
うずみ膳というものを注文。
限定という言葉に弱いので^^)

これがうずみ膳です。

F1000063

F1000064

古座川町の平井地区に古くから伝わる伝統料理。
平家の落人によってもたらされたという話もあります。
うずみは「埋める」という意味だそうです。
という訳で、要は、ご飯にすまし汁を掛けたもの。
豆腐も入っていたかなあ。
好みで、ネギやショウガ、すりごまといった薬味を入れます。
奄美地方の鶏飯を思い出しました。
あとは古代米のおこわとか、メザシが付いていました。
久々に体に良さそうな物を食べたきがします(笑)

食後は、例によって「発」のパンを買います。

F1000068

土日しか営業しておらず、それ以外の日は
この鹿鳴館に卸しているそうです。

この後は、R371を佐田まで行って、
そこから県道38ですさみに抜けます。
この道は、ところどころ狭い箇所もありますが、
快走できる道ですね。

あとはR42で帰るだけ。
実家の和歌山市にたどり着いたのは、
夜の8時すぎでした。。。

という訳で、ようやく紀伊半島深南部編も終了。
紀伊半島は何度行っても飽きないですね。
山間や海辺の集落を巡ってドライブするだけで
幸せな気分になります。

そして、次に行けるのはいつになるんでしょうか。
今年中には再訪したいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

紀伊半島深南部 その5 色川

坂足の商店でくつろいだ後は、
坂を下って色川の中心へと向かいます。

この辺りは、ものすごい急斜面に
はりつくようにして家や畑、田んぼがあります。

F1000035

F1000036

行ったことないですが、アルプスの村とかって
こんなんなんだろうか??とか想像してみます。
とてものどかで美しい風景。緑の中に村があります。

それにしても坂の下り方が、とにかく半端ではありません。
谷底に吸い込まれるような感覚さえあります。
坂道を下りきったところで、県道と合流します。
この道は、R42から分かれた、二車線の走りやすい道です。

円満寺公園の前を通り、口色川、大野方面へと進みます。
途中からは、さきほどまでの狭い道となります。
色川郷での目的の一つが、焼き菓子店、Plum Creek
ネットで見つけて、つい気になっていたのです。

しかし正確な場所調べて来んかったなあ。。。
また分からん買ったら、誰かに聞こうというノリで
走っていくと、ありました、ありました。

F1000037

が、一見民家そのもの。
家の中学生ぐらいの子供さんが挨拶してくれます。
なんかそれだけで、気持ちが良くなりますね。
ああ、めっちゃ爽やかやわ。
オアシス運動とかあったなあ、なんて思い出しました(笑)

ご主人に事情を聞いてみると、
今はお盆なのでお休みとのこと。
あわわ、ここまで来たのに。。。と思っていたら、
この先の「よろず屋さん」に卸したのがあるので、
もしかしたら、そっちで売れ残っているかもとのこと。

おお、一縷の希望が!!(←大げさ)

よろず屋、よろず屋、どこかなあと探しながら
ノロノロ走ります。

この辺の道は、こんな名前がついています。

F1000038

実はナマのコウモリ、見たことないんですよね。
よく山奥のトンネルなんかにもいると言います。
こんな険道をよく走るのでそういう機会もあるはずなのに、
残念ながら会えず。。。
夕方とか、この辺に行けば会えるんでしょうか。

ちょっと行ったところにありました!!

F1000039_2

これがよろず屋です(指映りスイマセン)
中ではおばちゃんが一人店番。

開口一番「こんな暑いと、もう脳みそがとろけてきそうで
今日は全然頭が回りませんわ〜」

おばちゃん、面白すぎ!!

例によって、しばらく世間話です。
この先古座川町に抜けるつもりだったので、、
その情報もゲットしようと思っていたら、

「うちも通ったことないなあ。。。」

何、地元の人でも通らんような道なのか。。。
大丈夫か??

店内は、生活必需品(調味料、洗剤等)や食料品から
みやげ物まで色々あります。

久々に見つけて、つい買っちゃいました。

F1000040

風呂上がりではありませんが、この猛暑。
うだった体に美味しい牛乳。

そして、例のモノはありましたぜ、ヘッヘッへ♪

F1000067

ちょっと分かりにくいですが、クッキーです。

実家に帰ってから頂きました。
クッキーなのに、しっとりしてますね。
全粒粉みたいな粉と、蜂蜜の味の織り成す
素朴ながら濃厚な味わい。
これは珍しいですね。
そのうちいっぱい食べようと思ってたら、
実家に置き忘れてめっちゃショックです。。。

う〜ん、なかなか行けへんからなあ、色川は。
通販とかやってくれへんかなあ。

クッキーは置いといて、色川の話ですね。

色川の中心地と思しきエリアに行ってみました。
比較的(あくまで)平らで、人家も密集しています。

F1000042

郵便局

F1000043

小学校

F1000044

北山村もそうでしたが、この辺の校舎は
とても味わい深くて
大好きです。
可愛らしくて、可愛らしくて。

名残惜しくも、色川に別れを告げます。

F1000045

これなんか、もう何と言えばよいか分かりません。
心休まる美しい風景。
大好きな場所が一つ増えました。
また絶対行きます。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »