« 紀伊半島深南部 その3 北山村 | トップページ | 紀伊半島深南部 その5 色川 »

2007年8月31日 (金)

紀伊半島深南部 その4 小口から色川へ

R168から、県道に入ります。
あたりの田んぼはすっかり黄金色。

F1000019

風になびいているのを見ると、もう秋はそこまで来ていますね。
ちょっと切なくなりつつも(笑)、祖母の故郷、小口に向かいます。

小口は、小口川と和田川が合流する、美しい山間の集落です。
熊野古道の大雲取越えと小雲取越えの中間地点でも
あるため、古道を歩く方々が拠点として利用されるそうです。

そして、ここは濃いぃ和歌山県道の基点でもあります。
一つは、正月に走破した県道229。
そして今回行くのは、県道44。

小口川沿いを登っていきます。

F1000020

橋を渡って、

F1000021

川を見ると。。。

F1000022

矢も盾もたまらず、泳いでしまいました。
今年の初泳ぎです(笑)
クーラーよりも何よりも効きますね。

さて、汗を流してキレイサッパリした後は
険道探索です。

途中は1.5車線の貧弱な舗装路が続きます。

F1000027_2

林の中をうねうねと登っていきます。
と、こんな物が道端に...

F1000025

これは危ない、危ない。
(もしこのブログを見て、険道に行ってみたくなっても
あくまで自己責任でお願いしますね)

途中、こんな看板もあります。

F1000026

滝があるみたいです。
さすがに片道一時間は、ちょっと厳しいです(←ヘタレ)

しばらく進むと、瀧本の集落に出ます。

F1000029

とてものどかなところです。
人里離れた道ばかり走っていると、
集落を通るたびにホッとしますね、やっぱり^^)
名前の通り、周辺には滝がたくさんあるようです。

F1000028

このような案内もありますね。

F1000030

この辺に泊まれば、ハイキングがてら楽しめそうです。

さて、瀧本を過ぎても同じ様な道が続きます。
峠を越えて、那智勝浦町に抜けます。

峠のてっぺんです。

F1000031

この辺で、車と離合しました。
その車種が、なんとエメラルドグリーンの
プジョー406!!
和歌山の山奥の険道でですよ、まさか会うとは
思いませんでしたよ。
街中でもあんまり見る機会がないのに。。。
険道を走る姿も、優雅でした♪
それにしてもナンバーが都内(練馬か足立)だったのが
ビックリ。
同じように険道を走りに来たのか、
知り合いがあの辺にいるのか??

406とすれ違った後は、こんな場所もありました。

F1000032

F1000033

おお、道がえぐれとるがな。。。

峠を越えたので、あとは道は下る一方です。
ようやく人の住んでそうな民家が見えて来ました。
坂足の集落です。

この辺りから、色川郷となります。
色川というのは、このあたり一帯の総称のようです。

集落も見つけたし喉も乾いて来たので、
自販機を探しに行くと。。。

F1000034

分かりにくいですが、アルコール・ノンアルコール混在型です。
久々に見ました。
それにしてもペットボトルないなあ。。。
缶で我慢するかと思ってたら

「兄ちゃん、こっちにもあるで〜」

の声が。

向かいは商店だったのです。

しばらく店のおばちゃんと世間話。
こういう旅先でのひと時、楽しいものです。

学生時代に、離島を巡っていたときも
こんな瞬間があったなあ。。。プレイバックしました。

僕が横須賀から来たと話すと、この辺はちょくちょく
関東方面からお客さんが来るよ〜とのこと。

隣の籠地区に、ふるさと塾という施設があって
(30年ぐらい前から!)
そこでは都会からの移住者の方の支援をしているそうです。
その成果もあってか、今では色川全体の人口の3割が
Iターン者だそうです。

なので、それを視察しにやってくる方も多いようです。

冷たいお茶を飲みながら
土地のおばちゃん達とおしゃべりしたあとは、
さらに色川郷を探索です。

つづく。

|

« 紀伊半島深南部 その3 北山村 | トップページ | 紀伊半島深南部 その5 色川 »

コメント

30代前半の頃 渓流釣りに行ってた頃は
こんな道よくはしりました。
 進めば車1台の道幅に横は崖・・。
   こわかったけど楽しいですね~!

旅先の買い物での世間話 
 私も大好きというか それこそ旅の楽しみ

でも本当は私 かなり人見知りなんですよ!

投稿: ベル | 2007年8月31日 (金) 19時03分

険道に萌え~。

投稿: あんまや | 2007年9月 1日 (土) 00時24分

>ベルさん

そっか、ベルさんも渓流釣りされてたんですよね。
渓流釣りだと、こういう道を
ガードレールのないところがほとんどですし、
たまに対向車が向こうからやってきた
日には、延々バックさせられたり。。。

やっぱり自然が豊富ですからねえ、
なんか清々しい気分になります。
それに夏場でも涼しくて、
クーラーが要らなかったり(笑)

なんかこういう人とのふれ合いが好きなんですよ〜。
いろんな話を教えてもらうだけでも楽しいですし。
人見知りなんですか?!
ベルさん、誰とでも話せて仲良くなれそうなのに^^)


>あんまやさん

萌えていただけて、僕も嬉しいです(笑)
なかなかハードな道でした。
走れば満足していただけること請け合いです^^)
それにしてもあの大木は、ビビりました。。。

投稿: しい | 2007年9月 1日 (土) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120254/16291767

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島深南部 その4 小口から色川へ:

« 紀伊半島深南部 その3 北山村 | トップページ | 紀伊半島深南部 その5 色川 »