« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

今年の初通院

今日は都内の主治医のところまで
サンクのオイル交換におでかけ。
BGMは「太陽にほえろ!」のサントラ。
これが妙にハマりまして、今日の行き帰りの道中
ずっとこれ聞いてました。
気分は七曲署。
本国にはサンクのパトカーなんかあるのかしらんとか
色々考えてしまいました。

頑張って走れる曲(例のメインテーマ)もあれば、
しっとり流しながら走ると気持ちいい曲もあります。
それとオルガンのフィーチャーっぷりにはオドロキです。
普段あんまオルガンものは聴かないので、
一年分聴いた気分(笑)
グルーヴィーなだけでなく、哀愁も漂っていて
これからのドライブのお供になりそうな予感。

さて衣笠ICから横横に乗ります。
金沢文庫のあたりを走ってると
黒の306XSi(3ドア)。
黒って意外と見ないなあと思いながらも
今日は珍しい車に会いそうな予感。

横浜新道から第三京浜に入ります。
港北ICから金色のトゥインゴが進入
しばらく走り、前のインプレッサを抜かそうと
追い越し車線に出たところ、後方から急接近してくる黒いワゴン。
一瞬ボルボかな〜と思ったら、ランチアのマーク。
へええ、テーマにSWなんかあったんだとビックリ。

玉川ICから、環八に入ります。
いつものように多摩美前の交差点から駒沢通りへ。
この交差点、過去何回かVWの赤のコラードと出会っていたので
今日もいるかなあと思ったものの、今日は不在の模様。

柿の木坂のあたりで、環七に合流。
今日の環七はスイスイスイ。
一カ所だけ工事で渋滞してたものの、あとはスムーズ。

途中方南通りに入り、主治医の所に着きます。
所要時間1時間。
いつもは渋滞でもっと掛かっているので、
時間帯を選んでいくべきだなと実感。

オイル交換と同時に、メータパネルの
バルブ交換もお願いします。
特に不便はなかったものの、ま、いつかは
やらんとあかんしということで。
車を預けて昼ご飯。

主治医に車を預けるときは、某有名ピザ屋にて
異様にでかいピザにぱくつくのが常だったのですが、
最近はその近くのカフェにてまったりすることが多いです。

ピザ屋ちょっとワイワイガヤガヤ系なので、
ぼーっとしたり、考え事をしながらゆっくりするには
もうちょい静かな場所の方が良いので。

これがそのお店。

20070128121353

老夫婦が二人で経営されていて、
カフェと喫茶店の雰囲気を併せ持った感じですね。
店内はフレンチポップが掛かっていることが多いです。
今日はシルヴィ・バルタンのライブっぽい曲。
いつもはカレーかキッシュのランチを食べることが多いのですが、
今日は新メニューの煮込みハンバーグランチ。

20070128113648_1

家庭的なほっとする味です。
ルーというかソースにはニンジン、タマネギなどの野菜が
程よく入っているのも何だか和みます。

アイスコーヒーを飲みながら、落書きをしてちょっと考え事。
今日の議題は、我が家のキャッシュフローについて。
もうちょい食費抑えた方がいいんちゃうの?とか
もうちょい田舎に住んだら家賃安くて部屋も広いんちゃうの?
駐車場代も安いし。
さらに持ち家を買えば、駐車場代が浮くねえ
とかそんなことばかり。
紙に書いては、うだうだと考えます(笑)

なかなかこういう感じでのんびりできるお店って
特に横須賀にはないような気がします。
以前京都に居た頃は、さすが大学の街だけあって
喫茶店、カフェが多く、
客はみんな長居するのは当たり前みたいな
感じで、本を読んだり、勉強したり。

そういう空間が好きだったので、
こういうお店は大事にしてきたいなあ。

しばらくして主治医から完了したの連絡を受け、
車を取りに戻ります。
裏のヤード?には色々いますねえ。


200701281243291

200701281243451


ラグナ、アバンタイム、セニック、カングー、トゥインゴ...
もう一つのところには、サンクが3台いました。
グレードはバカラ×2、ファイブ。
どうも部品取りっぽいですが、
お目当てのGTX、ATではなさそう。。。
あの辺のグレードのファブリック製の柔らかシートに
交換したいなあと以前よく考えていました。
でもなかなかいい状態のないんですよね。。。
再びシート交換熱の高まりそうな予感。

主治医から「この調子で20万キロまで行きましょう」と
励まし?をもらい、すっかりその気になりました。
それにあのボロさだと、僕が手放せば
即廃車になっちゃいそうですし(爆)
ま、何より気に入っているというのが一番大きいんですが^^)

最近は初期化も済んだのか、好調そのものです。
全く壊れる予感もしません。
安心して遠出できます♪
ってあんま誉めすぎんとこ(笑)

そんな感じで車を引き取って、帰って来ました。
なお、今日はアルファロメオとよく会う日でした。
対向車線、道端の民家、スーパーの駐車場。。。
特に駒沢通り沿い。
もともと多いのかなあ、あの辺。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

帰省往路番外編

帰省中に見つけた気になるモノ。

ホイホイ坂林道

F1000079

県道229を走っているときに発見。
思うに走ってるだけで楽しくなること請け合い♪
(行ったことないから分からんけど(笑))

日本童謡の国

F1000064

童謡をモチーフにした銅像が建っていて、
近寄ると、それにちなんだ歌が流れるしくみ。
ちなみにこれは
♪てんてんてんまり、てんてまり~
って曲。
和歌山県人には馴染み深い歌です。

恋人岬

F1000061

R42をさらに北上すると海側に見えてくる
ベタな名前の岬(笑)

F1000060

そこにあった看板。
ブーゲンビリアを溺愛してまんなあ(笑)

道の駅しろまの里
F1000047

R424沿い。
日高川町から白馬トンネルを抜けて
有田川町に入ってすぐにあります。
地元のおばちゃんが世間話をしながら店番。
このゆる~い雰囲気がたまりません。
店内には、薬草、野草を乾かした類のものが
充実。
センブリとかドクダミとか。

道の駅明恵ふるさと館
F1000043

自家製パンがウリと聞いていってみたら、
うりきれ、ざんね~ん。
おお、あの赤いのは、もしや

丸ポスト

F1000046

発見!!
パンの無念も晴れました(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

帰省往路その3(串本〜和歌山)

R42に戻って来た我がサンク、
食事処を目指して走ります。
横に見えるは、枯木灘。
海の青が濃いですねえ。
やっぱこの色を見ると、落ち着くなあ。

F1000063

F1000062

串本町の隣は、すさみ町。
しかしこの辺にどっか飯の食えるところ
あったっけ。。。
しばし考えながら走ると、あっ、アレがあるやん。
すさみといえば、イノブタだ!
この町はイノブタで町おこしをしているのです。
5月にはイノブタダービーとかが行われて
結構賑わってたような。
それに2007年のえとはいのししやし、
ちょっとは関係あるかな。
という訳で、イノブタの食べれそうな所へゴー!

と思ってしばらく42号を走ってると、
アラすさみ港じゃないですか。

F1000059

ここでサンクの写真を撮ってみよう♪
以前から、港をバックに撮影したかったのです。
あーでもないこーでもないと何枚か。
Renault 5 by the sea

F1000058

F1000056

F1000055

何の話やったっけ、そうそうご飯の話。
イノブタを食べにベルヴェデーレ(元いこいの村わかやま)
のレストラン花かいろうへ。
ここは昔一度来たことがあるのです。
ただ、味をちゃんと覚えてないんですよね。。。
今回頼んだのは、イノブタステーキ。
前回は単品でも3000円ぐらいした記憶が、
今回はセットでも2000円弱。
この差は何??
バイオテクノロジーの進化のおかげ?!(笑)

こんなん出ましたけど。

F1000053

F1000052

意外と柔らかいです。
タレとかに浸けているせいもあるのかなあ。
味も臭みがなく、豚肉というより牛肉に近い気もします。
おいしゅうございました♪
これでボタン鍋とかやるとどんな感じなんやろ??
また次回以降の宿題が増えました^^)

満腹になって、さあR42を真っ直ぐ走れば和歌山だというのに
ここでまた道草癖が。
竜神温泉行こうっと!
どうやって行こうかなあ。。。
そうだ、虎が峰経由で行ってみよう♪

田辺から県道29で竜神を目指します。
この辺のBGMはBob Dylan♪
Bringing It All Back Home、
Highway 61 Revisited、
John Wesley Hardingあたり
田舎道にはディランがよく合います。

県道29沿いは紅葉の名所奇絶峡を通った後、
虎が峰を上って行きます。
雰囲気的には、竜神高野スカイラインに似ている気も。
路面もいいので快適に走ることが出来ます。
ただ標高も高いので、夜なんかは凍ってるとこも
ありそうです。
現に昼間でも、日陰はそんな気配がありました。

で田辺から30分ほど走ると、竜神です。
道の駅龍游にてしばし休憩。

F1000051

アルフェッタGTと思しきかっちょええ
クーペが居たので、横に停めてみました。
後でお話でもしようかと思っていたら
トイレ行ってる
間に逃げられた。。。残念。
竜神温泉まで行ってると、時間的に余裕がなかったので
今回は断念。
代わりに日高川町の美山温泉に行くことに。
R424を御坊方面にしばらく下っていったところの
「リフレッシュエリアみやま」の中にあります。

外観はこんな感じ。

F1000048

木造建築で、中もなかなか味わい深い建物でした。
いざ温泉へ。
時間帯のせいもあってか、客は僕一人でした。

F1000049

この湯船を独り占め(笑)
泉質は、アルカリのヌルヌル系です。
いわゆる美人湯の類いだと思います。

近くには、椿山ダムなんかもあります。

F1000050

さて、ここからはR424をひた走り、
金屋→海南→和歌山と抜けて、無事実家にたどり着いたのでした。
と帰省の往路はこれで一応終了です(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

帰省往路その2(新宮〜串本)

前回はR169で新宮に行くところまで
だったのでその続きです。

宮井の交差点から、熊野川を下っていきます。
いつしか道はR168になり、河口まで行けば
熊野の都、新宮。
そこからR42を北上する予定が、
とある三叉路で信号に引っかかります。
ふと前の標識を見ると、右→小口
との表示が。

小口というのは、僕の祖母の出身地。
そのため親戚も住んでいます。
ふとそこを訪れてみようという気になりました。
急遽右折レーンに車を動かします。

小口までは車で10分足らず。
やまあいの集落です。
行ってはみたものの、親戚は不在とのこと。
う〜ん、残念。

小口のあたりにも雪がところどころ残っています。

F1000088

水たまりもすっかり凍っています。

F1000085

植物もこの通り。

F1000086

F1000084

さて、ここからどうするかな。
R169に引き返してもいいんだけど、
確かここから古座川に抜けれたっけ。

という訳で県道229をチョイス。
この辺の山奥の道は通行止めになることが多いのですが、
そういった情報も今のところなし。
真っ昼間なので凍結の心配もないだろうということで。

行ってみると、これがまたハードな道でした。
完全一車線。
舗装されているのですが、
道には落石の砕けたのがポロポロ。
新車で行くのはオススメしません。
ガードレールのない区間も結構多いですし。
トンネルもこんなんですしね(これはこれで味わい深い)

F1000083

コウモリおらんかなあと思いながら通過していました。
出口付近はこんなツララが。

F1000070

あとこんな看板が出てました。

F1000072

倒木言うたら前やんなあと思って上を見ると

F1000071

ひえええ、引っかかっとるがな。
これはさっさと通過せねば。
通過後、一安心してついサンクの写真を撮りました(笑)

F1000075

とまあハードですので、
これを読んで、万が一行きたくなったとしても
自己責任でお願いしますm(_ _)m
夜間だと凍結してる可能性もありますし。

ただ自然はもちろん豊かです。

横を流れる川は、この通り、澄み切っています。

F1000080

夏なんか泳ぐと気持ちいいでしょうね。

あと道端に白い花が咲いてる木がチラホラリ。

F1000077

よく見ると、桜?!
こんな季節外れに咲くんですかね、この辺は。
木の下にちょうどいいスペースがあったのでパシャリ。

F1000074

と小一時間、この道を走ると、やっと見えてきました。


F1000068


F1000069

古座川町の最果ての集落、松根です。
ホッとしたので、缶コーヒーを買います。
そこからは、睡蓮と幻の滝、
そして西日本の多雨地帯として有名?な西川を通り
七川ダムに出ます。

七川ダムからR371を下り、三尾川まで。
ここには、サークルの先輩のお母様の実家があり
いつも夏には遊びに行かせてもらっています。
古座川は思い出の地でもあります。

三尾川には、実は温泉があるのです。

F1000066

美女湯と書いて、みめいゆと読みます。
家族風呂が大きくなったような感じで、
その素朴でアットホームな雰囲気が大好きなのです。
が、行った時間は11時過ぎ。
空くのは14時からなので、ざんね〜ん。
管理人のおっちゃんの犬と遊んで帰ってきました(笑)

この美女湯のとなりに、なんとパン屋がオープンしているでは?!

F1000065_1

営業していれば、買おうかなと思ったものの
これまたざんね〜ん。
次来るときまで頑張って続けてくださいね(笑)

この三尾川から県道39で、串本町和深まで出ます。
と時間も時間ですし、急に腹時計が。
さて、どこで食べようかな。。。
(次回に続く)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

帰省往路その1(横須賀〜新宮)

昨年末の帰省の模様を3回ほどに分けて書きます。

2006年12月29日
ようやく仕事も一段落。
東海地方の大雪の知らせを聞き、
急遽スタッドレスにして出発進行。
このとき、既に夜の19:30
横横→東名といういつものルート。
微妙な時間帯のせいか、道は比較的混雑もなく、
スイスイスイ。
BGMは、青春歌年鑑の80年代はじめあたり。
このあたりは完全無欠のロックンローラーや、
ぶりっこRock'n Rollなど
コミックソング全盛期だったのかと勝手な想像。

23時頃に愛知突入。
雪は特になく、このまま行けるかもと淡い期待。

豊田ジャンクションから伊勢湾岸道。
ここはほんと走りやすいですね。
三車線あるし、交通量もそんなに多くないし。
と快走していたところ、睡魔が襲ってきたので、刈谷PA休憩。
時は午前0時。
ここで仮眠することも考えたが、もう少し頑張って走ることに。

さて三重県に入ったあたりから、辺りを雪が舞い始めます。
三重と雪?!
ちょっとした違和感を覚えながら走ります。
BGMはU2の18songs
なんか雪を見ると、U2とかTeenage Fanclubとか
寒いところ出身のバンドを掛けたくなるんですよね(笑)

東名阪に入ったあたりから、ちょっとした雪。
路肩には雪も積もっています。
ほんまにここ三重なん?!
幸い高速の路面は除雪されている上にスタッドレスなので
不安なく走れます。
ホンマ履き替えといて良かった。。。

関ジャンクションから伊勢道です。
ここに入ってから、雪も少しずつおさまり始めます。
安濃PAを今宵の宿と決めます。
外に出ると、そこは極寒。
こ〜んな寒いのいつ以来だろう。
体ブルブル、歯はガチガチ。
さっさと車に戻り、毛布、シュラフの二枚重ねで寝ます。
サンクの後ろで寝るの、割と好きです(笑)
狭いながらも、なんか妙に落ち着きます。

翌朝5時、寒さで目が覚めます。
缶コーヒーとコーンスープで体のスイッチを入れます。
今日の行程も長くなりそうだな、そんなことを思いながら出発。
薄暗い伊勢道にイエローバルブを光らせて進みます。
こんなとき、黄色いぼんやりとした光は味わいがありますね。
ヘッドライトも替えちゃおうかな(笑)

伊勢道から新しくできた紀勢道へ。
ここもそのうち尾鷲まで伸びたりするんでしょうか。
大宮大台ICで降りて、R42
さあ、楽しいドライブの時間だ(のだめ風)

ここからの区間がたまらなく好きなのです。
交通量も少ない山間の道を快走します。
途中、コンビニで朝食。
店内は釣り人で賑わっていました。
こんな寒い時期でも、大物を狙う釣り師根性には脱帽です。

紀勢町から荷阪峠を越えると、紀北町(紀伊長島、海山)。
もう一つ峠を越すと、尾鷲。
尾鷲もいつも通過するばかりですが、
一度はじっくり寄ってみたいんですよね。
すごい素敵なカフェがあるとの情報を得たので。
この辺で暮らすのもいいなあと思ったり。

この尾鷲とお隣の熊野市の間にまたがるのが矢ノ川峠です。
この峠は結構思い入れがありまして。
昔、中上健次の小説でその名を知って以来、
ずっと行ってみたいなと思っていたのです。
数年前に初めて行ったときはかなりの衝撃でした。
まさに天高く上るという表現がピッタリなくらいに
ぐんぐん道を上っていきます。
あたりを緑一面に囲まれた中、
下を見下ろすと、遥か下に渓流が流れています。
この風景も大好きなのです。
色んな意味でスケールの大きな峠です。
バイクで行くともっと楽しいかもしれませんね。

ちなみに矢ノ川峠を通らなくても、
熊野市に行くことはできます。
こっちも海沿いの楽しそうな道です。
一部細い区間はあるみたいですが。
いつも通ろうと思いつつ、矢ノ川峠の魅力に負けてしまう僕でした(笑)

さて峠を降りてくると、熊野市。
熊野市のR42は名前の通り?
熊野灘を眺めながら走ることができます。
ここも気持ちいい道ですね。
景勝地鬼ケ城の手前で、朝日を撮ってみました。

Sunrise

ほんとタイミングよくおでましの時間と合いましたね。
西日本の遅い日の出時刻のおかげ? (笑)
新年を前に清々しい気持ちになりました。

このままR42で新宮まで行こうと思ったのですが、
きまぐれで R311に入ります。
今日は山から攻めてみようと思ったのです。
この辺は御浜町だったかな。
年中ミカンが取れる町として有名なところです。
昔、元阪神の薮(御浜町出身)が
そう言って宣伝してたの誰か覚えてます?(笑)
パイロットファームなんかがあったりします。
道沿いにはこんな看板も。

Mikan

田舎道をしばらく山の方へと進んで行きます。
BGMはR.E.MのGreen
Orange Crushなんかが掛かると、思わずニヤリ。
トンネルを越えると、突如こんなものが。

Kisyuken

紀州犬好きとしては、これは撮っておかんとアカンでしょう(笑)
この辺に行けば、紀州犬がゴロゴロいるのかな?(妄想)

しばらく走ると、尾呂志の集落。
道から山を望むと、こんな感じ。
天気もいいし、空気も澄み切っていて、最高に気持ちいい♪

Michi

風伝峠も行ってみたかったのですが、
どこから入ればいいか分からず。。。
トンネルをくぐり、さらに先に進むと、板谷に着きます。
ここは昔鉱山があったらしく、資料館なんかもあって、
今度時間が合えば行ってみたいところです。

さて山に近づくにつれ、道も少し細くなってきます。
交通量も皆無に等しいので、
待避所にサンクを停めさせてもらって
しばしの休憩&撮影タイムです。

Cinq

山の合間から顔を出す太陽。

Yama_1

朝靄に包まれた、川沿いの集落。

Syuraku

こういう風景は無条件に和みます。
小さい頃、家族のドライブといえば、
竜神等の山間を走るのが定番でした。
その時の体験が体に染み付いているんでしょうか。

さてR311をそのまま進むと、景勝地瀞峡です。
遊覧船のウォータージェットも今日はお休みのようで、
川面に仲良く浮かんでいます。
そのうちR169と突き当たったあたりで、
和歌山県に突入です。
帰ってきたんですねぇ。
ここからは、新宮まで出て、R42で和歌山まで行くつもりが。。。
(その2に続く予定(笑))

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

19+5 in 和歌山

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

そうです、今日が2007年のブログ書き初め。
年末年始の和歌山帰省中は色々と書くネタもありましたので
しばらくはそれをもとに食いつないでいこうと思います(笑)

まずは1月2日の出来事。

和歌山にて、郷土が誇るR19(笑)のMさんと遊びました。
Mさんとは、去年サンクミーティング、フレンチフレンチ、FBM等で
お世話になりました。
地元が同じということもあり、遊ぼうかという話になり、
近所のダイエーの駐車場で集合♪
まずは2ショット。

5and19_1

5and19_2

5and19_3

19だけだとこんな感じ(って後ろしか撮ってないんかい(笑))

19

19、いいなあ、やっぱり。
あの後ろの詰まった感じが何とも言えません。
ダイエーの駐車場には、こんな車も。

Grandsenic
Grandsenic2

グランセニック、通称グラセニ。
初めて見ましたわ。
家族が出来たら、こういうミニバンなら欲しいかも(笑)
他には黒のメガーヌ1や、金色の307等ちょっと珍し目のフランス車もチラホラリ。


さてお腹も空いて来たので、Mさんオススメのハンバーグ屋、寛屋へ。
(僕の好物を一発で当てるなんて流石(笑))
ここは俵型のハンバーグがウリ。
客の前には、ミンチの肉塊が俵型で出てきます。
それを店員が鉄板の上で、整形して、ハンバーグ状にするというスタイル。

来ました来ました。
大興奮です。チュートリアル徳井のように顔がほころんでいたと思います(笑)

Hamburg

食べることに夢中で、写真はこの一枚のみ。
ごちそうさまでした。美味しかった♪


食後は雑貨屋さんです。
MARGINALというところ。

Marginal

このように一見倉庫というか事務所にしか見えないのですが、
中はめくるめく雑貨の世界が広がっております。
文房具、調理器具、デザイン家電、インテリア、家具。。。
和歌山にこんな店があるなんて、正直驚きです。
文房具をメインにこんなものを買ってしまいました。

Zakka


その後は、泉南の某大手リサイクルショップまでお出かけです。
ここは何があるかというと

Hobbyoff

ミニカーですよ♪♪

あるわあるわ欲しいのが。
ラテン車を前に狂喜する二人(笑)

買ったのは、この黄色い2台ですわ。

Minicar_1
Minicar_2
Minicar_3

何てったってフェゴ&縦サンクですぜ!!
興奮しない方が無理というものです(笑)
フェゴは上に自転車載せてますしね。
あっちではこうやってバカンスに行ってたのかしらん。
これはいい買い物をしました。
毎日眺めて悦に入ろうっと(←変態)


泉南からの帰り道、R19を運転させてもらいました。
これはイイですね!
最高です♪
流す運転も、頑張って走る運転も何でもござれと行った雰囲気。
当然ながらサンクよりも大きいので、剛性感はありますし、
パワーもあるので高速走行もラクそうです。
和歌山までの小一時間は至福のひと時でした。
降りるときも、もう少し運転したいなって思ったくらい(笑)

R19に限りませんが、ルノーの車っていつ試乗させてもらっても
サンクから違和感なく運転に移行できる気がします。
これってスゴイことだと思います。
やっぱりルノー共通のテイストがあるんだと思います。
この菱形味が僕の体に合うということを再認識しました。
次車買うとしたら、やっぱりルノーでしょうね。


和歌山に帰ってきてからは、ラーメンで晩ご飯。
場所は中之島の県立体育館付近のとあるお店
(名前忘れてた...)

Ramen

ここは見た目とは裏腹に意外とあっさり。
しかも野菜系の甘みがあります。
昔の天天有の雰囲気も少しあります。
サイドメニューのおでんもなかなか。
美味しゅうございました。


その後は、和歌山限定の入浴剤やアイスを探したりと
遊び倒した一日でした。
和歌山の隠れスポットを色々廻りながら、
Mさんと車談義に花を咲かせる、これまた良い休日でした。
和歌山ルノー会も結成しようかとかね(笑)
他にいないかなあ??

Mさん、どうもありがとうございましたm(_ _)m
また帰省の際は、遊んだってくださいな♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »