« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月17日 (日)

黄色い光

実はこの土日、名古屋方面に行っておりました。
大学のサークルのK先輩に会いに行くのと、
そしてサンクにフォグランプを付けてもらうため。
やはり黄色い光への憧れがあったので。
部品自体は、バンパーごと既に入手しています。
(ありがとうございます、holyさん)

早朝に横須賀を出発。
大きな渋滞もなく、名古屋の主治医のところに
ついたのがお昼前。
車を預けて、名古屋の栄に繰り出します。

栄は2年ほど前に一回だけ行ったことがあります。
(名古屋自体は最近よく行きます)
当時来日していたSonic Youthのライブを見に
パルコの中のクアトロに行きました。
ほんとは大阪で見る予定が、日程の都合が悪い上に
チケットも取れなかったのです。

そこで名古屋に行けば、もしかしたら当日券があるかも??
との淡い期待を胸に、先輩の206で向かったのですが、
そんな甘くもなく。

なのでそれ以来かな。
どこに何があるのかサッパリ分からない状態で
うろうろしながら気に入った店に入っては、散財。
雑貨や文房具をメインに散財。
なおお昼にアウトバックでステーキを食べたというのが
唯一悔やまれる点(笑)
せっかく名古屋に来たのに。。。
昨日は年に数回ある「肉をガッツリ食いたい日」だったのですよ、
きっと。

そのうち時間も時間なので、小牧のKさん宅へ。
Kさんは、大学のサークルで一番お世話&影響を受けた人かも。
サークルの新歓イベントに行ってるうちに、
「この人、かっこええなあ」って憧れるようになり
それでサークルに入ったような気がします。

ものすごい趣味人。
音楽、映画、車。。。
洋邦を問わず、どっからそんなCDを!というのを見つけて来ては、
みんなに聴かせて面白がります。
いち早くCKBにも目をつけていたし。
映画もマニアックな邦画はほとんど見てるんじゃないかなあ。
とにかく趣味が雑食。
この辺は、かなり影響されてると思います。

昨夜はDVD鑑賞をしておりました。
「タカダワタル的」
伝説のフォークシンガー、高田渡のライブをドキュメンタリーで追ったもの。
一見ただの酔っぱらいのオッサン。
朝っぱらから大衆酒場で飲んだくれてるような感じ。
ライブでもヘロヘロの歌の数々。
それも歌ったりギター弾いてるよりも、絶対トークの方が長いんやもん(笑)
よいどれ適当話は、かなりおもろいです。
そして歌も話も妙に心に残ります。

このライブ、是非生で見てみたいなあって思ってたら
本人は確か最近亡くなられたとのこと。
残念です。。。

この辺のフォークに興味のある方は見てみると楽しめると思います。

他にもいろいろマニアックなDVDが揃ってて、
相変わらずやなあと感心。
あっ、渋さ知らズのDVD、借りてくるの忘れた...

さて次の日、車を取ってきて、帰ります。
今回もほんと親切にしていただいて、感謝しきりです。
家の近所にこんな車屋さんがあればなあ...
いっそ名古屋に引っ越すか(笑)

さて車はこんな感じになりました。

ビフォー

20061216080817

アフター

20061217143538

さらに

20061217174630

う、嬉しすぎる!!
意味も無く点灯しては大喜びでした。
これは山道に行かねば(笑)

名古屋はいつ行っても活気がありますね。
横須賀にいるから余計そう思うのかも知れませんが、
勢いを感じます。

それにしてもサンクに乗るまでは、
こんなに名古屋に行くことが増えるなんて
思ってもみませんでした。
サンクが運んでくれた名古屋との縁の数々。
どれも大切な出会いばかりです。

さて帰り道では、14万キロ突破。

20061217155934

東名日本坂トンネルと静岡ICの間あたり。
去年、オルタのトラブルで立ち往生したのもこのあたり。
そして知り合いの車に同乗していて、
スピード違反で検挙されたのもこのあたり。
どうも印象に残る場所です。
この車に乗ってから、2年ちょい。
乗り始めたのは10万キロ手前だったので、ほぼ地球一周?!
色んなことがあったなあ。
まだまだ現役で頑張ってもらいます。
20万キロは乗りたいなあ。

ゆっくり帰って来たのと、お約束の
秦野中井→横浜町田間の渋滞で、家に着いたのは8時過ぎ。
いつもながらに家に着いたという安心感と
明日から仕事という現実に引き戻された気持ちが入り交じります。
早く遠出したいなあ。。。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

珈琲浪漫

最近頂いた
Chemexの珈琲メーカー。

20061215003730

中学生の時に、親父が購読していた通販生活に
載っていたのを見て一目ぼれ。
流麗な一体型のデザインがたまりません。
以来ずっと欲しかったのです。

昨夜、ついに使う時がきました。
そのときの模様を、いつにもまして自己満足気味に綴ります(笑)

まずは先の細い薬缶でお湯を沸かします。

その間、一旦珈琲メーカーを洗浄。
一体型で真中がくびれているので、
普通のスポンジだと底まで届きません。
なので洗剤を数滴たらして、ユサユサ洗浄。
なんだか実験器具みたいだなぁ。
ワイヤにスポンジが付いたのとかあれば便利かも。

この珈琲メーカーは、紙フィルタが専用なんですね。

20061215003844

結構大きいです。UFOみたい。
普通のフィルタなら、パカっと開けばOKですが、
これは折ったり、丸めたりして円錐状にする必要があります。
幼稚園以来の折り紙気分。
こういう「儀式」も楽しいものです。

さてお湯が沸いてきたので、
珈琲メーカーにお湯をさっと注いで温めます。

それにフィルタをセット。
珈琲の粉を入れます。
量もキッチリ、すりきり3杯。
今回はillyのエスプレッソ用しかなかったので、それを使用。
他の挽き方、炒り方のものも試してみたいところ。

そしていよいよドリップ。
まずは薬缶のお湯で、表面を湿らせます。。
しばらく蒸らしてから、円を描くようにお湯を丁寧に注ぎます。
それを何度か繰り返します。
目盛りがないので、目分量で3人分になったところで終了。

早速お気に入りのSHOZOマグカップで飲みます。

う、う、美味い♪♪

久々に丁寧に淹れたせいもあってか、
とびきりのものができました。
ご満悦です。
ついつい3杯飲んでしまいました。

それにしてもこの珈琲メーカー、
化学者が考案しただけあって
実験器具っぽさがナイスです。

メーカー:フラスコ
フィルタ:濾紙

に見えてきます。

実験が煮詰まったときに妄想してて
思いついたに違いありません。

20061215010624

珈琲飲みながら、ツィゴイネルワイゼン鑑賞(まだ見てる(笑))
仕事帰りの充実したひと時でしたよ。

頂いた方に感謝感謝なのでした☆

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

三浦のパン

昨日の昼過ぎ。
一瞬だけ会社に向かいます。

仕事の用事も済ませて、
さあ帰ろうと思ったものの
このまま家に直行ももったいない。

前にネットで見つけた三浦市のパン屋さんに
行こうと思い立つ。
渋滞で有名な林交差点からほど近い一騎塚の交差点から
県道R214を三浦半島方面へ。
この道は、山道の風情を醸し出していて
結構好きだ。
たま〜にすごく走りたくなる。
このあたりに来ると、何故かラテン車とよく会う。
前はゴールドのサクソと遭遇。
その前はマルセイユブルーのエクスプレス。
そして今日は、赤のパンダ45。
前のグリルが灰色でカッコいい♪

パン屋さんの看板を発見して、右折。
ホント畑のど真ん中にパン屋さんがあるという感じです。

061210breadfarm00_2

061210breadfarm01

周りはこんなんです。
061210hatake01

061210hatake02
ここに行ったのが、お昼の15時頃。
それがほとんど売り切れでした。
バゲットも最後の一本。
これはラッキーでしたね。
僕がパンを買い占めるような感じになってしまいました(笑)

しかしこんな辺鄙な所にあるのに、
この人気は一体何なんでしょう?
期待も膨らみます。

パンを買った後は、相模湾側に抜けます。
この辺りは本当にのどかです。
BGMは、ディランのBringing It All Back Home。
この場合のItが指すのはパン?!
田舎道に最高に合うのが、このアルバム。
是非お試しあれ。

R134と合流して、しばらく進むも恒例の渋滞。。。
林交差点が近づいているんですね。
林には三浦縦貫道のインターがあり、
日曜の夕方は三崎にマグロを食べに行った人たちの帰りで
渋滞します。

これを迂回しようと、再び山側の道に入ります。
途中のため池には、鴨の群れが!!
つい車を停めて写真を撮りました。
061210kamo00

061210kamo01

061210kamo02_1
鴨、可愛いですね♪
鴨といえば、鴨ねぎ、鴨南蛮、ジビエ,,,いかんいかん(笑)
食べることばっかりやん!

さてこの後は、家の近所のスーパーで牛乳を買ってお帰りです。
お金をおろすのを忘れてて、牛乳代も払えませんでした(涙)
仕切り直しです。
お金をおろそうと周辺をウロウロしてると、
こんなところに黒蛙が!!

061210blacktwingo

トゥインゴは、前に乗っていた車ということもあって
出会う度に色々な思い出が蘇ります。
この車には贔屓目な僕です(笑)
トゥインゴといえば、ポップな色ですが、黒も意外と似合います。
しかしこの状況、蛙というより
巣穴に潜むオオサンショウウオとかウーパールーパーぽいなあ、何だか(笑)

このトゥインゴ、もしかして最寄りのルノー車かも。
こんなところに居たのかあ。。。
(それにしてもナンバー処理、ショボくてスイマセン^^)

さて帰ってきたら、早速パンです。

061210bread

チョコレートケーキで、一人、一日遅れの誕生日を祝います(笑)

ここのガーリックフランス、かなり濃厚な味わい。
ペーストがタップリと上に塗られていて、
ニンニク好きにはたまらないと思います。
それと生地が香ばしかったですね。
どことなく焼き菓子のような香り。

あと印象に残ったのは、ピーナッツバターの塗ってあるパン。
生地が柔らかくもコシがあり、独特の食感でした
(ルノーのシートみたい?!)

食べきれなかったバゲットは明日の朝でも食べようと思います。

と結局休みの日は、パン屋に行く僕なのでした(きょうのわんこ風)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

メンテナンス

先月、長野・山梨の林道、山道を走り回った後、
どうもフロントホイール付近から焦げ臭い匂いが。。。
ブレーキパッドが焼けたのかなあと思ったものの
どうしようもなくそのまま走っていました。

帰り道の渋滞で、低速ストップ&ゴーを繰り返していたところ
キーーーー
と整備不良の自転車のような音がします。

しばらく、先延ばししていたのですが、
やはり安全に関わる部分であるというのと
いい加減キーキー音を立てるのもかっこ悪いということで
土曜日、杉並の主治医のところでブレーキパッドの交換。

主治医曰く
「それほど減りはなかったけど(だって9月に車検通したとこやん!)、
表面が焼けてたよ~」
とのこと。

パッドを変えると、ウソのように自転車音は収まりました。

それにしても先月はオイル交換をしてもらいに行って、
今月はパッド交換。
杉並に行く頻度が高いような。

車を預けて、その間に都内で買い物をしたり、
美味しいものを食べるのは楽しみでもあるのですが、
やはり片道1.5~2時間かけて高速に乗って、車のメンテを
してもらいに行くのもどうなのかなあと
ちょっと思い始めました。

面倒くささに全部主治医任せの僕ですが、
オイル交換ぐらいなら、頑張れば何とか自分でもできるような
気もする今日このごろ。。。

大学時代にバイクに乗っていた頃は、
その辺のメンテも自分でやっていたのになあ。

また誰かに教えてもらって、最低限のメンテは
自分でできるようになりたいものです。

そのためには工具から!
(工具を揃えてるうちに余計金が掛かったりして(笑))

全然関係ないですが、日曜日偶然こんな状況になったので
嬉しくて思わず写真を撮ってしまいました。

Photo_12

分かります?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »